よくある質問

Q 人材ドラフトとは、どんな会社なの?

A

転職を支援している会社です。

Q 人材ドラフトの就職・転職支援とは?

A

経理・財務・税務会計分野専門の転職・求人マッチングサイト「人材ドラフトWEB」と、同分野専門の「転職エージェント」 の運営を通して、経理・財務・税務会計分野の知識・経験・資格を保有する方々の就職・転職を支援しています。

Q 転職エージェントとは、どんなサービス?

A

転職エージェントとは、専任カウンセラーと転職コーディネーターが、ドラフト会員と企業や事務所とのマッチングをお手伝いするサービスです。希望する条件の企業や事務所探しから内定・入社までの仲介をいたします。費用等は一切かかりません。応募の秘密も厳守します。ご安心ください。

Q 税務未経験からでも、税理士法人・会計事務所への転職は可能でしょうか?

A

かつては税理士法人・会計事務所では、税務経験を持たない公認会計士の採用に二の足を踏むケースがよく見られました。しかし近年、事務所サイドにも育成制度などが整備されてきたことで、税務未経験の公認会計士の受け入れに積極的なところも増えてきています。

Q 公認会計士のスキルを活かせるコンサルティング業務とは、どんな種類がありますか?

A

例えば、事業承継コンサルティングや組織再編・事業再生といった案件へのコンサルティング業務には、公認会計士のニーズが高まっています。また大手企業を対象とするなら、統制や会計システムに関連したコンサルティング業務などで、力を発揮していただけます。

Q 未経験からでも資産税務に特化した事務所への転職は可能ですか?

A

経験ゼロからのご入社となると、採用サイドとしては入社してから業務スキルを計る形になります。そのためやはり、経験者を中心とした採用活動を行われる事務所が多いようです。ですがまれに白紙の状態からの吸収力に期待した、ポテンシャル重視の採用もございます。まずはお気軽にお問い合わせください。

Q 税理士試験科目合格者ですが、仕事と資格勉強との両立はできるものでしょうか?

A

資格取得を将来的な事務所の財産と見て、勉強との両立を応援する職場もあります。こうしたところであれば、計画的に両立を実現することも比較的容易でしょう。しかし、どの職場でも求められるのは、業務のスケジューリング能力。責任ある仕事を計画的にクリアし、勉強の時間を生み出す姿勢は欠かせないようです。

Q 職場環境の面でも新しい職場の実情を知りたいのですが…。

A

人材ドラフトでは多くの税理士法人・事務所で、web上の求人広告掲載を並行して行なっていただいています。専任の取材スタッフや営業が雰囲気までしっかり把握し、それを正確にお伝えすることに努めています。どうぞご安心ください。

※その他、様々なケースに応じて経験・ノウハウに基づくアドバイスをご提供致します。

転職エージェントへお気軽にお問い合わせください。

© JINZAI DRAFT CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.