BUSINESS NEWS

掲載日:2019-3-13 BUSINESS 食の志向、「健康志向」が続伸して過去最高を更新

  •  日本政策金融公庫が全国の20歳代~70歳代の男女2000人を対象に1月に実施した「消費者動向調査」結果によると、消費者の現在の食の志向は、「健康志向」(46.6%、前回比+0.9ポイント)が続伸し、過去最高だった2014年1月調査(46.5%)を上回り過去最高となった。また、「経済性志向」(36.9%、同+1.6 ポイント)は3半期連続の上昇となり、「簡便化志向」(31.2%、同+1.4 ポイント)とあわせて、3大志向は全て上昇している。

     一方で、「安全志向」(18.5%、前回比▲0.1 ポイント)、「手作り志向」(16.5%、同▲1.3 ポイント)、「国産志向」(15.6%、同▲1.0 ポイント)、「美食志向」(13.8%、同▲1.7 ポイント)はいずれも低下。特に、「手作り志向」と「国産志向」は3半期以上連続で低下している。また、食料品を購入するときに国産品かどうかを「気にかける」と回答した割合は72.3%(前回比▲1.1 ポイント)と、前回調査に続き低下傾向にある。

     さらに、外食するときに国産品かどうかを「気にかける」と回答した割合は32.5%(前回比▲0.9 ポイント)、「気にかけない」が60.3%(同+1.9 ポイント)となった。外食時に国産であることを「気にかけない」割合は、直近3年で緩やかな上昇傾向(2016年1月調査:50.0%→今回60.3%)であり、今回調査では、2013年1月調査以来、6年ぶりに6割を超える高い水準になっている。

     国産食品と輸入食品に対するイメージについて、国産食品は、「価格が高い」(64.6%、前回比▲3.8 ポイント)が2008年の調査開始以降で最も低い値となり、国産食品の価格に対するイメージは改善傾向にある。一方で、「安全である」(67.9%、同▲0.1ポイント)、「おいしい」(55.3%、同▲2.1ポイント)、「色・形がよい」(38.4%、同▲2.3ポイント)といった国産食品のプラスイメージは、前回調査に続き低下傾向にある。

     対して、輸入食品のイメージは、「価格が安い」(57.4%、前回比▲2.6 ポイント)が調査開始以降で最も低い値となり、輸入食品の価格に対するイメージは悪化傾向にある。一方で、輸入食品の最たるマイナスイメージである「安全面に問題がある」(37.0%、同▲1.2 ポイント)は7半期連続で低下、調査開始以降で最も低い値となり、輸入食品の安全面に対するイメージの改善が続いている。

     同調査結果は↓

    https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_190307a.pdf

  • 戻る戻る

PAGE TOP