BUSINESS NEWS

掲載日:2019-4-12 BUSINESS 3月の倒産651件、3ヵ月ぶりの前年同月比減少

  •  帝国データバンクがこのほど発表した法的整理による全国企業倒産状況(負債1千万円以上)によると、3月の倒産件数は651件で、前月比では0.5%増加したものの、前年同月比では14.3%減少し、3ヵ月ぶりに前年同月を下回った。業種別では7業種中、建設業やサービス業などの5業種で、また、地域別では9地域中、中部、関東、北陸などの6地域で、前年同月に比べそれぞれ減少した。

     一方、負債総額は769億2700万円(前月2181億5600万円、前年同月3489億5900万円)となり、前月比は64.7%減少、前年同月比でも78.0%減の大幅減少となり、3ヵ月ぶりの前年同月比減少。2000年以降最小だった2018年12月(757億3800万円)に次ぐ低水準となった。これは、負債100億円以上の倒産は発生せず、前年同月にジャパンライフ(株)(負債約2405億円)などの大型倒産が散発した反動もあったことなどによるもの。

     業種別にみると、7業種中5業種で前年同月を下回った。建設業(107件)は、都市部での再開発需要の拡大などで、職別工事・総合工事・設備工事の全てで減少し、前年同月比27.2%の二ケタ減。サービス業(148件)は、病院や整体などの施術所を含む医療業(10件、同16.7%減)のほか、ホテル・旅館(6件、同33.3%減)などが前年同月を大きく下回った。 一方、卸売業(114件)と運輸・通信業(27件)の2業種は前年同月を上回った。

     負債規模別にみると、負債5000万円未満の小規模倒産は389件(前年同月比16.0%減)で、構成比は59.8%を占め、依然として小規模倒産が大半を占める傾向が続いた。資本金別では、個人経営と資本金1000万円未満の合計が431件(同14.0%減)で構成比は66.2%と高水準で推移。負債5000万円未満の倒産では、小売業とサービス業がそれぞれ102件(構成比26.2%)を占め最多となった。

     地域別にみると、9地域中6地域で前年同月を下回った。中部(75件)は、建設業(9件、前年同月22件)などが減少し、4ヵ月連続で前年同月を下回った。関東(235件)は、埼玉県(16件、同43件)で建設業やサービス業が大きく減少したほか、茨城県(10件、同18件)で建設業や卸売業が減少し、前年同月比14.5%減。北陸(16件)は、新潟県(8件、同14件)が4ヵ月連続で減少したほか、全ての県で前年同月を下回った。

     同倒産状況の概要は↓

    https://www.tdb.co.jp/tosan/syukei/1903.html

  • 戻る戻る

PAGE TOP