BUSINESS NEWS

掲載日:2019-8-9 BUSINESS メインバンク、「三菱UFJ銀行」が7年連続トップ

  •  東京商工リサーチが6日に発表した「2019年企業のメインバンク調査」結果によると、国内152万3938社のメインバンクは、「三菱UFJ銀行」が12万4531社(シェア8.1%)で調査開始以来、7年連続でトップを守った。大企業の多い東京や大阪、愛知の大都市で強みを発揮。2位は「三井住友銀行」の9万6203社(同6.3%)で、兵庫、大阪の関西圏での強さが際立った。3位は7万9047社(同5.1%)の「みずほ銀行」だった。

     メインバンク数ではメガバンクが上位を占めたが、地方では地元の地方銀行が圧倒的なシェアを誇り、地域経済の活性化に地銀の存在が欠かせない状況に変わりはない。業態別の全国トップは、信用金庫は「京都中央信金」の8084社(シェア0.5%)、信用組合では「茨城県信組」が2975社(同0.2%)。また、金融再編が相次ぐなか、金融グループでは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」(同8.2%)がダントツのトップだった。

     業態別にみると、銀行は、「三菱UFJ銀行」、「三井住友銀行」、「みずほ銀行」、「りそな銀行」(3万7293社)と大手行が上位を独占した。信用金庫は、「京都中央信金」に次いで「多摩信金」の6673社、「大阪シティ信金」6629社と上位に変動はない。信用組合では、「茨城県信組」がトップを維持。次いで、「新潟縣信組」が1238社、3位に「広島市信組」が1231社、4位に「山梨県民信組」が1226社と僅差で続く。

     なお、各年度(4~3月)に倒産した企業のメインバンクを分析した結果、2018年度は、「地方銀行」が1457社(構成比32.7%)で最多、次いで、「信用金庫」が1251社(同28.1%)、「都市銀行」の1020社(同22.9%)、「第二地銀」の498社(同11.1%)、「信用組合」の132社(同2.9%)の順。「倒産比率」では、「信用組合」が0.39%、「信用金庫」0.38%、「第二地銀」0.33%、「都市銀行」0.29%、「地方銀行」0.24%の順だった。

     同調査結果は↓

    http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190806_01.html

  • 戻る戻る

PAGE TOP