BUSINESS NEWS

掲載日:2019-9-9 BUSINESS シニアの楽しみ、1位「旅行」2位「テレビ/ドラマ」

  •  ソニー生命保険が、全国のシニア(50歳~79歳)の男女を対象に実施した「シニアの生活意識調査」結果(有効回答数1000人)によると、現在の楽しみ(複数回答)は、1位「旅行」(47.4%)、2位「テレビ/ドラマ」(34.7%)、3位「グルメ」(30.1%)、4位「映画」(28.8%)、5位「読書」(28.6%)となった。男女別にみると、「スポーツ」(男性29.2%、女性13.0%)や「自動車」(同25.6%、5.0%)は男性のほうが高くなった。

     スポーツや自動車の運転といったアクティビティが楽しみという男性シニアが多いようだ。一方、「テレビ/ドラマ」(男性30.6%、女性38.8%)や「グルメ」(同27.2%、33.0%)、「読書」(同25.0%、32.2%)、「健康」(同22.2%、27.6%)、「子ども/孫」(同19.2%、26.4%)は、女性のほうが5ポイント以上高い。女性シニアには、テレビ・ドラマ視聴や読書、食、健康維持、子ども・孫と過ごす時間を楽しみと感じている人が多いことが分かった。

     また、孫がいるシニア(337人)がこの1年間で孫のためにお金を使ったこと(複数回答)は、1位「おこづかい・お年玉・お祝い金」(78.3%)、2位「一緒に外食」(47.8%)、3位「おもちゃ・ゲーム」(38.3%)、4位「本・絵本」(27.3%)、5位「一緒に旅行・レジャー」(25.8%)。孫のために使った金額は、「5万円~10万円未満」(22.5%)や「3万円~5万円未満」(18.3%)に回答が集まり、平均金額は13万1334円となった。

     次に、スマートフォンを利用しているシニア(全体の69.3%、693人)が、日頃、スマートフォンで行っていること(複数回答)は、1位「メール」(84.3%)、2位「通話」(80.8%)、3位「インターネット検索」(66.4%)、4位「ニュース閲覧」(59.3%)、5位「天気予報チェック」(56.9%)。男女別にみると、「電卓」(男性36.3%、女性49.4%)や「時間確認(時計代わり)」(同31.0%、46.3%)では、女性のほうが10ポイント以上高くなっている。

     なお、全回答者の81.5%が「自動車運転免許を現在持っている」と回答、「既に自主返納した」は2.9%。年代別にみると、「既に自主返納した」は50代0.8%、60代1.6%、70代8.4%となった。70代では他の年代と比べて自主返納率は高くなったが、最も高い70代でも1割未満という結果。普段の生活で自家用車を使って移動することが多いシニアの場合、自動車運転免許の自主返納になかなか踏み切れないケースがあるのではないだろうか。

     同調査結果は↓

    https://www.sonylife.co.jp/company/news/2019/files/190904_newsletter.pdf

  • 戻る戻る

PAGE TOP