ビジネス支援

掲載日:2019-05-15

働き方改革仕様の「モデル就業規則」の活用を!「就業規則作成支援ツール」が公開

このたび厚生労働省より、
・法改正対応済みの「モデル就業規則」
・WEB上で活用可能な「就業規則作成支援ツール」
が公開されました。

働き方改革関連法の施行に伴って今後、就業規則の新規作成や改訂に取り組む企業も増加が予想されています。中小企業にとっては、負担になりがちな就業規則作成・改訂作業。今号では、そんな作業をぐんとスムーズに進めてくれる、「必見のツール」をご紹介します。

【御社の就業規則、「働き方改革」に対応済みですか?】

「働き方改革」をきっかけに、今まさに、現場では社内ルールの見直しに着手されていることでしょう。その一環として、「就業規則の作成・改訂」は欠かすことのできない要素となりますが、自社内で取り組むとなれば相当の業務負担となってのしかかります。

ここで活用したいのが、厚生労働省から公開されている「モデル就業規則」です。働き方関連法を反映した「平成31年3月版」がリリースされ、働き方改革の推進により一層適した内容に改訂されています。

参考:厚生労働省「モデル就業規則(平成31年3月)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/model/index.html

御社の就業規則を働き方改革へ対応モデルにするべく、安心して活用できる内容となっています。さっそくチェックしておきましょう。

【モデル就業規則をWEB上でサクッと編集!「就業規則作成支援ツール」活用のススメ】

企業の労務管理を支援するサイト『スタートアップ労働条件』では、厚生労働省のモデル就業規則をベースとした「就業規則作成支援ツール」が公開されています。モデル就業規則を土台にしながら、

◆章・条について、掲載順の変更や削除ができる
◆フリー項目として、章・条を自由に記述できる

など、各社オリジナルの就業規則が作成可能です。条文作成上のルールとなる「作成上の注意」に目を通し、各項目の内容を理解した上で、一つひとつ必要な条文を規定していくことができます。

参考:厚生労働省「スタートアップ労働条件」
https://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/support_regulation.html

設立間もないスタートアップ、従業員数の少ない事業所で「とにかく法に則した労務管理を優先させたい!」とお考えであれば、就業規則の作成・改訂については「就業規則作成支援ツール」の活用で十分対応できそうです。

【小さな会社こそ、就業規則の整備を!】

就業規則の作成・届出の義務は「常時10人以上の労働者を使用する」場合に生じます。このことから、従業員数10名未満の会社においては、就業規則自体が作成されていないケースも散見されます。

しかしながら、従業員が2、3名の会社であっても、そこで働く人にとっては会社のルールがあった方が安心です。そして会社にとっても、多様な考え方を持つ労働者を管理する上では、一定のルールを設ける方が労務管理しやすいというメリットがあります。

会社の規模拡大を見据えるならば、会社が小さなうちに社内ルールの基礎を固めてしまうことをおすすめいたします。ある程度の規模になってから改めて規定を設けるよりも、きっと混乱が少なく済むでしょう。

いよいよ働き方改革が動き出した2019年4月。お役立ちツールを活用し、就業規則の作成・改訂を進めていきましょう!

  • 戻る戻る

PAGE TOP