ビジネス支援

掲載日:2019-07-10

東京都が独自の「介護休業取得応援奨励金」新設!少子高齢化の進展を背景とした取り組み

東京都が公益財団法人東京しごと財団と連携して、介護休業取得を応援する新事業をスタート。令和元年5月15日より開始となった「介護休業取得応援奨励金」をご紹介いたします。前号では、同じく東京都独自の助成制度として、中小企業における育休取得支援策「働くパパママ育休取得応援奨励金」を解説していますので、併せてご覧ください。では、さっそく「介護休業取得応援奨励金」の概要を見ていきましょう!

【東京都限定、2019年度スタートの「介護休業取得応援奨励金」とは?】

御社では、介護休業の取得が進んでいるでしょうか?「現状、介護休業の取得を必要とする従業員がいない」というケースがほとんどかもしれません。ですが、今後ますます進展する高齢化社会を見据えれば、いつ誰が介護問題に直面することになっても不思議ではありません。

「介護休業取得応援奨励金」とは…
介護休業制度の整備、介護休業の取得推進を目指す都内中小企業等への支援策として、東京都が独自に設けた助成制度です。

同奨励金の支給を受けるために、会社は「環境整備要件」と「従業員要件」を満たす必要があります。
(1)介護休業取得に向け、職場環境を整備する(環境整備要件)
(2)従業員に対して連続する31日以上の介護休業を取得させ、原職復帰させる(従業員要件)

奨励金額は「50万円」(年度内2回まで申請が可能)となっており、年度内の募集は50件とのことです。

参考:東京しごと財団「介護休業取得応援奨励金」
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/kaigo.html

【満たさなければならない「従業員要件」と「環境整備要件」とは?】

それでは、前項でご紹介した「環境整備要件」と「従業員要件」の詳細をみていくことにしましょう。

<環境整備要件>
対象企業において、以下の取り組みを実施すること。
●育児・介護休業法に定める取組を上回る、以下のいずれかを含む制度を、令和元年5月15日以降に就業規則に定めること。
※以前から規定されている制度は対象外です
・介護休業期間の延長
・介護休業の取得回数の上乗せ
・介護休暇の取得日数上乗せ
・時間単位の介護休暇導入

●テレワーク制度を就業規則に規定していること。
※テレワーク制度については、在宅勤務・モバイル勤務・サテライトオフィス勤務のいずれかを規定することで良いが、「労働時間の管理体制が整っていること」、「情報機器の管理方法、情報の取り扱い、通信料の費用負担」について明確に定められていること

<対象企業>
以下の従業員が在籍する都内中小企業等
●従業員要件:令和元年5月15日以降に連続する31日以上の介護休業を取得した後、原職等に復帰し、3ヶ月以上継続雇用されている、都内在住・在勤の従業員がいること。
・同一の対象家族に係る介護休業を複数回取得している場合は、当該介護休業のうちいずれか1回のみを支給対象とすること
・「原職復帰=介護休業等取得者が休業前に就いていた部署と同一の部署及び職務への復帰」を基本とし、以下のいずれにも該当する場合は原職相当職とみなすこと
(ア)休業後の職制上の地位が休業前より下回っていないこと
(イ)休業前と休業後とで職務内容(厚生労働省編職業分類 中分類による)が異なっていないこと
(ウ)休業前と休業後とで勤務する事業所が同一であること
※ただし(ア)において、「給与形態が同一であること」、「手当てが下回っていないこと」で職制上の地位が休業前と同一とみなす。(ウ)において、自宅から近い事業所への配置転換など当該従業員の経済的または精神的不利益が特段生じない場合の勤務地へ復帰する等の個々の事情に応じた対応は原職復帰とみなす。

その他、「介護休業取得応援奨励金」の詳細は下記よりご確認いただけます。

参考:東京しごと財団「介護休業取得応援奨励金」
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/kaigo.html

参考:東京しごと財団「介護休業取得応援奨励金_募集要項・お申込み等について(募集要項&申請様式)」
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/overview/kaigoyoukouyoushiki.html

「助成金の活用」と聞くと、敷居が高く感じられるかもしれません。しかしながら、中小企業の「働き方改革」を推進する上では有効な手段となります。今号と前号で、ご紹介した奨励事業は東京都独自の制度ですが、各都道府県・自治体でも同様な事業が行われていることがあります。ぜひ、各地域の助成制度もチェックしてみてはいかがでしょうか?

  • 戻る戻る

PAGE TOP