ビジネス支援

掲載日:2018-04-04

ご存知ですか?今年4月1日より引き上げ予定の「障がい者法定雇用率」

日本の民間企業や国、地方公共団体には、従業員数ごとに一定割合での障がい者雇用が義務付けられていることは既にご承知の通りです。

この「障がい者雇用の法定雇用率」が平成30年4月1日より、引き上げられる予定となっています。つまり、対象となる事業主の範囲が広がることになりますから、今一度、御社の顧問先企業についても確認をしてみましょう。

【民間企業の法定雇用率は「2.2%」へ。従業員「45.5人以上」の事業所が対象に】

平成30年4月1日より障がい者の法定雇用率は、下記出典サイトにおける数値の通り変更となります。

出典:厚生労働省「平成30年4月1日から障がい者の法定雇用率が引き上げになります」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20170630press1_1.pdf

現状の民間企業の法定雇用率は「2.0%」であり、これを満たす必要があるのは「従業員数50名以上」の企業となっています。しかしながら、4月1日以降は「2.2%」に引き上げられ、「45.5人以上」に一人の割合で障がい者を雇用する必要が発生します。

具体的には正社員のみを雇用する場合、従業員数「46人以上」の事業所が対象となります。しかし一方で短時間勤務労働者(※)は0.5名カウントとなるため、パート・アルバイト従業員のいる事業所では数字通り「45.5人以上」の基準となることに注意が必要です。

※短時間労働者とは、週20時間以上30時間未満で、かつ1年を越えて雇用が見込まれる者を指します

ちなみに、民間企業における障がい者雇用率は、平成32年度末までに「2.3%」へとさらに引き上げられる方針が示されています。今回対象とならない場合でも、今後対象となる企業では早めの準備が必要となるでしょう。

【障がい者雇用率制度における「障がい者」の定義とは?】

ところで、ひと口に「障がい者」といっても、その程度は様々です。企業が法定の障がい者雇用率を満たす上で算定の基礎となる障がい者とは、どのような人たちなのでしょうか?

この点については、 障害者の雇用の促進等に関する法律第2条(略称 障害者雇用促進法)において定義されていますが、身体障害者であれば身体障害者手帳の交付の有無や障がいの程度、知的障がい者であれば都道府県知事が発行する療育手帳又は知的障害者判定機関の判定書等で判断されることになっています。

現状、法定雇用率の算定基礎の対象は「身体障がい者・知的障がい者」となっています。ところが、このたびの法定雇用率の引き上げに合わせて新たに「精神障がい者」が追加されることになっています。

参照:厚生労働省「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律の概要」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/kaisei02.pdf

障がい者雇用義務のある事業主は、障がい者雇用の促進と継続を図る「障害者雇用推進者」の選出、ハローワークへの「障がい者雇用状況報告(毎年6月1日時点)」に対応する必要があります。

【「社名公表」も!障がい者実雇用率の低い企業へのペナルティ】

障がい者雇用率に義務があるといえども、実雇用率としては未だ追いつかない現状があります。平成27年6月1日時点における「法定雇用率達成企業割合」は47.2%。法定雇用率未達成が達成企業割合を若干上回る結果となっています。

参考:厚生労働省「障がい者雇用の状況」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000121122.pdf

法定雇用率の未達成の企業では、「障がい者雇用納付金」として、法定雇用障害者数に不足する障害者数1人につき月額5万円(労働者数100~200人以下の場合は平成32年3月まで4万円に減額)を納付することになっています。ただし、現時点で納付金の適用は「常用労働者数100人超の事業所」に限定されており、100名以下の中小企業からの徴収はありません。

参考:厚生労働省「障害者雇用納付金制度の概要」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000065519.pdf

加えて、障がい者の法定雇用率未達はハローワークからの指導対象ともなり得ます。達成の程度によっては「社名公表」の措置となることもありますので、中小企業においても、しっかりと方針を検討しておく必要があるでしょう。

  • 戻る戻る

PAGE TOP