税理士法人かなり&パートナーズ/株式会社アルカディア

これまでの経験よりも、これからの成長・発展を一緒に築けるメンバーを歓迎します!



  • 2つの色違いのハートは様々な個性をもつメンバー。ともに事務所を支え成長しつづける事務所をイメージしています。



  • 所員全員が真の会計専門家になることを目指して日々努力をしています。



  • 毎朝行われる研修では、パワーポイントやレジュメを駆使し、情報や経験の共有に力を注いでいます。

成長著しい、税理士法人かなり&パートナーズ。これからも進化・成長は止まりません!

皆さんはじめまして。所長の金成です。

平成6年にたった一人で立ち上げた当事務所も、おかげさまで設立から23年目 を迎えました。創設以来、自分より年配のお客様は親のように、同年代や年下のお客様は兄弟・姉妹のように接してきました。お客様との「距離感」が近く、家族のように大事にすることで多くの信頼を得て、今年も順調に新規顧問先とご縁を頂いております。

当事務所の強みとしては
・ほぼ全ての申告・届出は電子申告。帳簿の保管は「電子帳簿保存法」を活用しています。
・翌月巡回監査率が平均約90%を記録。
・関与先の自計化率は79.1%。
・当事務所は、中小企業経営力支援法に基づく「経営革新等支援機関」に認定(平成24年11月一号認定)されています。社長の“夢”の実現に向け事業計画の策定支援を標準業務としています。
・原則、全ての関与先に税理士法33条の2の「書面添付」を実施。「意見聴取」の最先端の現場ノウハウが集まっています。
・業界ではまだまだ少ない「会計参与」就任事務所であり、「中小企業会計要領」に準拠した決算書を積極的に提出しています。
・資産税業務を専門的に行う「資産税課」を設置しています。課長の藤野税理士を中心に活動しています。
・連結納税システムのシステムコンサルタントも行っています。中堅企業向けシステム「FX4クラウド」の展開と共に、中堅・大企業の市場開拓も積極的に行っています。
業務の基本は、「巡回監査」です。毎月のお客様との生のやりとりを通して、隠れたニーズを発掘していくいことが大切です。これからも現状の業務やサービスに満足せず、さらに新たな分野・提案に向けて進化を続けていきます。
企業経営者の「親友」となるべく、新しい個性や強みを持つ貴方とともに、お客様との心理的距離の近い事務所として磨き上げていきたいと考えています。

社員旅行のスナップです。写真は宮古島に行った際のものです!

事務所の基盤強化のために、若手・未経験の人材も積極採用しています。

当事務所では、毎月のように顧問先企業が増え、事務所が益々大きくなっています。現在、即戦力となる人財はもちろん、将来の事務所基盤の強化のために、若手・未経験の人財も積極的に採用しています。

先輩インタビュー(城之内沙季さん)

私は新卒でかなり会計に入社し、もうすぐ3年が経ちます。
入社した当初は、右も左もわからずとても大変でした。しかし、新しいことに挑戦する日々はとても充実していました。かなり会計では、その人のペースに合わせて、先輩が指導してくださるので、無理せず、多くのことを学ぶことができます。そして、一人ひとりがまんべんなく、多種多様なお仕事をさせていただけるので、知識が偏ることもありません。

私は実務経験がなかったので、最初のうちは覚えることがたくさんあり、専門学校にも通えないかなと思っていました。でも実際は、事務所が全面的にサポートしてくれ、勉強時間を確保することができました。スタッフのほとんどが、税理士試験受験生又は合格者なので、情報交換もでき、モチベーションの維持にもつながります。

そしてうちの事務所の特色は、なんといっても仲がいいこと。所長をはじめとして、とても人間味のあふれるスタッフが集まっているので、家族のような雰囲気がある事務所です。
本当に信頼できる人と一緒にお仕事をしてみませんか?
あなたをお待ちしています!

事務所の原動力は若い力と多様性。様々な個性を活かし、活躍しているスタッフが大勢います。

先輩インタビュー/前回の掲載から6年が経ち、改めて私が感じることは…。

前回、このCPページに登場した際は、入所3年目。業界未経験で入社したので、右も左もわからない状態。懸命に目の前の業務に取り組んでいる状態でした。

それから7年。私も当事務所で丸10年のキャリアを築きました。この間、リーマンショックや東日本大震災などを経て、中小企業の経営は厳しさを増しました。寄せられるの相談内容も深みを増し、本当の意味で「お客様をサポートする力」が求められていると感じます。

そうした中、税理士法人かなり&パートナーズでは経営方針の一つである「心のパートナー」を意識することが多くなっています。「心のパートナー」は事務所のメンバーや顧問先を自分の家族と思って行動するということ。お客様のために!というのはよく耳にしますが、実際に行動に移すのは大変なことです。しかし、当事務所では所長をはじめ、職員みながこの意識を持つことで、着実にプラスに向かっていることを実感しています。

お客様のために何が出来るのかの当事者意識を持つ
→壁にぶつかった場合には職員同士でも情報を共有し智恵を出しあう
→お客様の喜びに繋がる!
→お客様のために何か出来ないか?
といったサイクルができているのです。
さらに2013年に「チーム力の醸成」というスローガン掲げて以来、その力は確実にレベルアップしているように感じますね。

現在では仲間も増え、様々な個性・特性を持つメンバーが増えてきました。刺激を受けることはもちろん、協力体制を整備することで、ワークライフバランスも取りやすい職場となっています。おかげさまで私も結婚をし、昨年には第二子が誕生、今では仕事と家庭とプライベートの全てが充実しています。

今後もあなたを含めた「税理士法人かなり&パートナーズ」で、より深いお客様からの「ありがとう」を受け取れるようになっていきたいですね!一緒に働けるのを楽しみに待っています。

本当の意味で「お客様をサポートする力」を身に付けるためには/横山光一さん(2006年入社、3科目合格)

PAGE TOP