税理士法人児島会計/株式会社ケーヨー総研

私たちの使命は、実修・実証による社会貢献です。社内外研修制度と業務分野別に蓄積したノウハウをもとに、職員全員が進化を続けながらお客様に最適の専門的コンサルティングを提供しています。



  • 常に専門性を高め続け、お客様の期待に応えてきた事務所です。



  • 風通しの良い組織は、誰とでも相談しやすい風土を形成しています。



  • 通勤に便利なJR船橋駅北口からまっすぐの通り沿いにあります。

専門性を活かしたコンサルティングを提供。特化型事務所としてのスキルが身に付く!

私たち税理士法人児島会計のコンセプト。
経営者の戦略的パートナーとしての私達の使命は向上進歩による社会貢献。
それは特化型事務所、すなわち各分野の専門性を重視し、それをお客様の課題解決へ適切に反映する専門家の姿。創業以来47年に渡り、この姿を追求してきました。ここから生まれる実績と、培われてきたノウハウの結集により、おかげ様で多くのお客様より信頼を頂戴することができました。

また同時に、今現在の業界において活躍している、向上心と倫理性の高い人材を多数輩出することもできたと自負しています。

通常、会計事務所に求められる税務会計の基本的な処理業務は、提供できて当然のものだと考えてきました。その上で、当事務所が他と差別化し、常にお客様に提供を心がけていたもの。それが高い専門性に裏付けられた、コンサルティングワークです。現在、その柱となっている分野こそが、
(1)医業経営支援
(2)中小企業経営支援
(3)農業経営支援
(4)資産家支援
の4つです。漫然とルーティン化した業務フローにお客様を当てはめるのではなく、それぞれの業種・業態に即した、最適なサービスをご提供する。そのために所員個々が、日々スキル・知識の向上に努めています。

今後、この4分野に関しても、それぞれ、
(1)開業あるいは医業承継の支援
(2)事業承継の積極的な支援
(3)農業生産法人の設立支援
(4)相続の相談・対策から遺言書作成支援
といった場面でのサポートサービスへ、益々注力していきたいと考えています。今回募集する皆さんも、その充実へ向けた大切な戦力の一つになってほしいですね。

私たちにとっての“企業価値”とは、“知恵”にこそあると考えています。
常に学び、磨き続ける専門家の一員として、意識高く取り組んでみませんか?

「K(感謝)J(情熱)M(真心)」を念頭に、お客様に「K(感動)J(実益)M(満足)」をご提供することを目標にしています。

これから入社するあなたに、持っていて欲しい意識。

当事務所の目指す姿。そこに魅力を感じていただけたでしょうか?

「今すぐ、そんな存在になれるだろうか…」と不安に思った方もいるかもしれませんね。しかし、心配はいりません。今回の募集に際して望むものは、「現在の知識量」ではありません。むしろ、「こうした専門家像を目指したい!」という、あなたの熱意を重視した採用を行いたいと考えています。

その上で持っていてほしいのは、特別なものではありません。この業界で一人前として、お客様の信頼を獲得していく。そのために必要な「ベーシックな」考え方や意識です。

『確かなモラル(倫理観)を持つこと』
私たちの知識は、使い方を間違えれば不正をも可能にしてしまう力です。だからこそ、不正は決して許さない正義感を、いつも心の中心に持っていてください。定められたルールの中で、いかにお客様に喜んでいただけるか。それが私たちの仕事です。

『コンサルティングマインドを持つこと』
私たちが目指しているのは、単なる事務処理屋とは違います。ですから、意欲的に日々の業務に取り組みながら、その先にある「提案」を常に意識してください。経営を支援するために、お客様個々を正面から見つめ、自らができる支援を追求することが肝要です。

『専門性を追求し、それをお客様に活かすこと』
せっかく磨き上げたスキルも、手に入れたことで満足しては宝の持ち腐れです。自己満足で終わることなく、それをお客様への提案・実行へ結び付けられる所まで高めること。そして、お客様と事務所の収益を上げる、という意識もビジネスには必要なことですね。

スタッフはエネルギッシュな個性派揃い!頼りになる先輩たちが、あなたを待っています。

代表インタビュー

Q/当事務所の特徴は?
A/父の創業以来47年にわたってお付き合いしてきたクライアントを大事にしつつ、現在の成長産業である医療と、今後成長が見込まれる農業を専門に特化している事務所です。

Q/当事務所の社風は?
A/クライアントとも職員同士も適度な距離感を保っています。とかく密着しがちな関係に頼らず、専門性を高めることで適切なサービスによって満足を提供するようにしています。

Q/コンサルティング重視?
A/現在会計事務所にお勤めで業務に追われている方々にはピンと来ないかもしれません。すぐに提案は難しいと思うかもしれませんが、児島会計には提案の成功事例が豊富にあります。成約に至った場合、その努力に対してインセンティブをお支払いします。

Q/会計業界をどう見ていますか?
A/私自身が会計業界とは無縁の世界から入って来ましたので、外から業界がどう見えるかを常に意識しています。 会計ソフトの発達やAI化の進行により、専門の殻に閉じこもっていることは自滅への道だと感じています。その波に呑まれることの無いように、スタッフと一丸となって知識を向上し、クライアントに満足を提供していければと思っています。

代表社員 児島 修

PAGE TOP