税理士法人大和

資格勉強中の方も、ご家庭や育児との両立をお考えの方も、もちろん積極的に新しいことへ挑戦したい方も!あなたの理想とする働き方を、大和で実現してください!



  • わからないことがあっても、気軽に相談できる先輩がいます。親身になってくれる気のいい仲間ばかりです!



  • 産休育休の取得はもちろん、ご家族の状況に応じて短時間勤務など、女性が長く働ける環境を早くから取り入れています。



  • セミナーや研修会なども開催し、所内外へ情報を発信&共有。あなたも多くのことを学べると思いますよ?

代表社員からのメッセージ/人財を大事にし、共に成長できる組織を目指しています。

おかげさまで設立より70周年。そのお祝いも兼ねて11月の社員旅行ではオーストラリアのケアンズへ行く予定です。スタッフの家族にも参加いただき、現地では無人島を借り切ったパーティを開催し、日頃の労をねぎらい、皆で楽しみたいと思っています。

仕事は楽しくなければならない。それが私たちの考え方です。
そのために意識してもらいたいことは、「個人があって、家庭があって、職場がある」ということ。自分の目標に向かって成長することや、日々の充実感、そして家庭を大事にする、という前提があるからこそ、良い仕事に結び付くと考えています。仕事一辺倒で、他で問題を抱えていれば、結局仕事に集中することはできませんからね。

また近年は、「女性の活躍」や「働き方改革」といったキーワードにもいち早く着手。例えば、ご家庭の事情などで退社した一度は退社したスタッフも、短時間正社員や在宅勤務といった環境を整えると…。「ぜひ、復帰したい!」と言って、戻ってきてくれたスタッフが多数活躍しています。

もちろん、資格取得に向けて、予備校や大学院に通いながら活躍してくれているスタッフもたくさんいます。資格取得のために、試験前には業務量を調節し、試験休暇、代休、有休などを使って集中して勉強ができる環境もあります。私をはじめ、事務所の税理士(会計士)は、皆、働きながら資格を取得しました。

この仕事は「人こそが財産」です。だからこそ、こうした取り組みは今後も積極的に行い、スタッフが安心して、長く活躍できる職場環境を大事にし続けていきます。

【大和の今後について】
闇雲な規模拡大は考えていません。
そもそも、良い仕事を続けていれば、自然とお客様は増えていくものです。中小・中堅企業や個人事業主、上場会社や関連子会社、IPO準備企業、医療法人、宗教法人など。規模も業種も多種多様なお客様から、今日も絶えることなくご依頼は集まっています。連結決算、資産税や組織再編、海外税務など。意欲次第で様々なことに挑戦できる環境です。

その多彩なご依頼へ、広く対応できるように。
同時に、それぞれの分野で高い専門性を発揮できるように。
様々な士業や専門家が集い、自らの人生も大事にしながら安心して活躍・貢献ができる。そんな組織として、成長を重ねていきたいですね。そして、その一員として今回、あなたをお迎えしたいと考えています。

失敗を次に活かせる方、挑戦することへの意欲が高い方とお会いしたいですね。/統括代表社員 片桐好正

茨城事務所/会計を軸とした広く深い専門サービスへ携わりたい方、歓迎します。

都内にいると、茨城は遠いイメージを持つ方もいるかもしれませんね。しかしつくばエクスプレス開通により、東京本社のある御茶の水から1時間ほどで、守谷駅やつくば駅に行くこともできます。また、平成29年2月には圏央道の茨城区間が全線開通。このことにより、地元では工業団地の誘致も進み、日本国内でも急激な発展を続けているエリアと言えるでしょう。

現在は物流や建設、製造業などを中心に法人で50社、さらに資産家や個人事業主といった個人のお客様が100名ほどおられます。また、地元金融機関などからの厚い信頼により新たなご依頼、お客様をご紹介いただくことも少なくありません。そこで、「お客様企業を成長させたい」という思いを共有し、地域への貢献を一緒に深めていただける方を、広く増員にて募集しています。

【茨城事務所が常に目指しているサービスとは】
茨城事務所は大きく分け、2つのサービスを行っています。1つは地域インフラとしての業務。地域インフラ業務とは、法人および個人の決算や申告業務、年末調整などの業務を通じて地域経済の基盤に資するサービスです。

もう一つは、地域企業の成長を支援する業務。会計が本来持っている力を適用し、地域企業をより良くする業務へ取り組んでいます。具体的には、「実態を理解するための仕組みづくり」や「迅速な月次決算による、計数を活かせる経営体制の整備」あるいは「決算を通じての健全経営づくりの支援」などです。

上記以外にも企業の再生局面での再生計画立案や、事業承継に向けた後継者育成と中期計画の策定支援、お客様企業内で中核となる人材の育成など。幅広い場面で、グループ一体となってご支援を続けています。

【求める人材像は】
茨城事務所では、少数精鋭ながら密度の濃い専門サービスの提供により、数多くのケーススタディを蓄積しています。またもちろん、東京本社とも密接に連携を取っているため、最新の知識やノウハウも共有されています。これまでの経験を踏まえて、更なるレベルアップを求めている方には最適な環境となるでしょう。

今の時点で、特別高度な経験を持っている必要はありません。会計の知識やスキルを持ってお客様企業に深く入っていき、発展を支援したい。その思いを共有していただける方ならば、成長の機会を提供し、伝えられるものは惜しみなく伝えていきます。

より地域に密着し、新たなサービスメニューを展開できる、やりがいのある仕事がありますよ。/茨城事務所所長 代表社員 飯田義明

先輩インタビュー/母として、5科目合格者として。いずれの面でも充実しています!

Q/ご入社の経緯からお聞かせください。
A/以前は岡山県の会計事務所でパートとして勤務しながら、税理士試験の勉強をしていました。その後、5科目合格はしましたが、出産や家族で東京に移ってきたこともあり、都内で勤務先を探すことに。「0歳児の育児と、仕事を両立できる職場」という条件で探した際に出会ったのが大和でした。

Q/育児と仕事の両立。不安もあったのでは?
A/面接で片桐代表から「子育てを優先してください」「勤務時間も話し合って決めよう」と言っていただけたことが、とても心強かったです。最初の内は保育園に母子共に慣れる意味もあって10時~16時で勤務。半年してから現在の9時半~16時半勤務に変えてもらいました。

Q/周囲の同僚からの理解も深いそうですね?
A/実は入社して3ヶ月の間は、子供が体調を崩したりで1週間まともに出社できたことがありませんでした。本当に申し訳なく、心苦しかったのですが、「お母さんは、あなたしかいないんだから!」と。他にも短時間勤務している同僚がいますが、皆とても温かく見守り、一緒に働かせてもらえています。

Q/税理士として。仕事面の充実はいかがですか?
A/月次監査や決算・申告書の作成、相続申告、株式評価、上場企業の四半期決算、企業合併の支援…などなど。1年に満たない中でも、本当に多彩な業務を経験できました!司法書士をはじめとする他士業とも連携しながら、担当のお客様のために色々に考え、実践できる。そのことが税理士として、大変大きなやりがいになっています。

Q/今後も目標などありますか?
A/今は色々に経験する時期。この中で「自分の強み」や「生涯かけて注力したいこと」を見つけていきたいと思っています。そしてそれを見つけ、育児も落ち着いたころには、また今とは違う働き方を実現したいですね。今は、子供の成長を見る喜びも、仕事での充実感も得られる。この働き方に大満足しています!

前向きに、貪欲に。積極的に新しいことに挑戦したい方に、ピッタリな職場だと思います!/Sさん(2017年4月入社/5科目合格者)

PAGE TOP