ビズアドバイザーズ税理士事務所/ビズアドバイザーズ株式会社

夢を追いかけるエンタテインメント業界に特化した国内唯一の会計事務所。これまでの経験をベースとしながら、「他にはない仕事」へと一緒にチャレンジしていきましょう!



  • 男女を問わず、業界で「唯一無二」のスキルを手にし、活躍しています。日本のコンテンツビジネス発展の一翼を担ってみませんか?



  • 麹町駅より徒歩4分の好立地!風格漂う紀尾井町で存在感を発する、紀尾井町ビルの18階がオフィスです。



  • 業界の経験豊富な上住代表や先輩たちが直接、OJT&研修・MTGなどを通じて、現場に活かせる知識をお伝えます!

代表メッセージ/専門特化型だからこそ、深く広いスキルを身につけられます!

当事務所は、エンタテインメントに専門特化した税務会計事務所です。

そう聞くと、業務の幅が狭いと感じる方もおられるかもしれません。しかし、実際は逆。エンタテインメント業界は、業界特有の複雑なフローや処理に関する知識が必要です。また、この業界は急速に進化・発展しており、その範囲も国際的なものとなっております。だからこそ、携わることができる業務の範囲は非常に広いのです。

一般的な会計事務所業務である記帳代行や、法人税、消費税、所得税などの申告業務はもちろんのこと、組織再編や、国際税務、IPO支援、企業価値・株価評価、コンテンツ価値評価など、高度で複雑なスキルが求められる依頼も。また、ファンド組成管理業務や、様々なコンサルティング業務まで積極的に行っていることから、幅広いキャリアを築くことができるのです。

昨今、クールジャパン政策を初めとし、ジャパニーズカルチャーの海外輸出が積極的に行われるようになり、当事務所のクライアントの幅、業務の幅は広がり続けています。

高度化・複雑化を深める国際税務を駆使し、「他にない」「かつてない」仕事に挑戦を続ける組織です。ここでだから得られる充実感、成長、満足感を、ぜひあなたにも体感してほしいと願っています。

よりスキルを高め活躍の場を広げたい方。
より専門性を身に付け、本当のプロになりたい方。
そうした方でしたら、経験者・未経験者問わず大歓迎です。

エンタテインメント業界に特化することで、専門性の高い経験・ノウハウを積んできた当事務所だからできる「オンリーワン」のサービス提供を通じ、世の中の「楽しみ」に貢献するという醍醐味、クライアントの「夢」を一緒に叶える喜び、を感じながら成長してみませんか?

あなたの成長と活躍を期待してます!

代表取締役 上住敬一(公認会計士・米国公認会計士・税理士)

レベルUPしたい経験者の方へ/経験を踏まえ、まったく違うキャリアを築けます!

Q/ご転職のきっかけは何だったのですか?
A/東京・大阪に拠点を構える税理士法人に勤務していたのですが、仕事と両立して大学院にも通いたいと思ったんですね。ですが、勤続13年ともなると、なかなか時間が作れない。さらに、「地元の大阪に戻って開業しようか…」とも考えていた時期だったため、学業に専念するつもりで退職したのです。

Q/それがまた、どうしてこちらへ?
A/大学院のゼミの先生から、上住先生をご紹介いただいたのがきっかけでした。PwC出身で、エンタテインメント業界に特化したサービスを提供している会計事務所。そこに興味を感じたのが、きっかけでした。これまでの経験をベースに、ここでまったく違うキャリアや経験を持つことに魅力を感じました。

Q/こちらではどのような業務を?
A/申告業務を中心に、経験を活かしながら働いています。連結決算や複雑な組織再編など、以前の事務所で経験していなかった業務にも携わることができました。しかし、「税務会計」というベースが変わるわけではありません。確かに一部特殊な会計処理はありますが、経験者の方なら不安を感じる必要はないと思います。

Q/その上で、どんなところに面白みを感じていますか?
A/テレビなどで知っている、人やコンテンツに関わる仕事ですからね(笑)。エンタテインメントの内情やお金の動きが見える。これはなかなか面白い経験です。どういう風に人がかかわり、コンテンツが生まれ、それがどのように事業になるか。それを支える仕事です。

Q/どんな方が当事務所にマッチすると思いますか?
A/所内外問わず、まずはコミュニケーションを深められる方、というのが第一ですね。また、経験者の方であれば、確かにこれまでの「やり方」なども身についていると思います。ですが、チームワークが欠かせない仕事ですから、まずは素直に先輩・上司の指導を素直に吸収する姿勢も大事にして欲しいと思います。

出口晶之さん(2015年2月入社/3科目)/高いレベルで税務のベースを築いている出口さんに、事務所サイドも大いに助けられていると、上住代表も語っていました!

ポテンシャルを秘めた未経験者の方へ/急速かつ大きな成長を実感できます!

【資格を持って入社した先輩は…】
法人税や消費税、所得税をはじめとして、税務会計業界は高い専門性が必要です。だからこそ、勉強をして税理士資格を取ることが重要だと思われている方が多いかと思います。でも、それは一つの「ツール」に過ぎません。

「本当のプロとは何か?」
その問いかけに答えを出してくれるのが当事務所です。

私は大学院を卒業後、4科目取得した状態で入社しました。最初は地味な作業も多く違和感を感じたこともあります。しかし今になって思えば、それが基礎となり、今の自分につながっていると感じます。一つひとつの業務を通じて、仕事の進め方を理解できる。そんな職場です。華やかな世界を支えるために、地味な仕事も重要なのだと実感しています。

もちろん現在、科目合格者や勉強中の方も多数在籍しています。その上で、上住代表を始め、グローバルな舞台の第一線で活躍している方々の中で働くことで、実務面でも急速かつ大きく成長できる!そんな実感を得られますよ!

【未経験から入社した先輩は…】
入社の決め手となったのは、面接です。税務会計事務所はすごく堅いイメージがありました。しかし面接では、すごく和やかな雰囲気で、色々な話をすることができ、未経験の私のエンタテインメント業界に携わり働きたいという「夢」に共感してくれたのです。失礼な話かもしれませんが「感覚が合う」と思い、この代表の下なら、気持ちよく働けると感じ、入社を決めました。

転職を考えたときは、各々条件があると思います。ただ、時に直観も重要です。面接などで、実際に職場を訪れ、所長や代表などと会って「良いな」と思った感覚を大切にするべきだと思いますね。フィーリングが合う人とだと、一緒に働いているだけで、仕事を好きになれると思います!

【長く活躍を希望する女性の先輩は…】
性別の区別なく、力を磨いて長く活躍できる。それも税務会計の仕事の良いところだと思います。当法人であれば、そのことを強く実感してもらえるのではないでしょうか?現在、20名いるスタッフの内、実に10名が女性スタッフです。また、産休育休の取得実績もしっかりあり、3名取得した内の2名が復帰済み。残る1名も育児休業中です。落ち着き次第、復帰予定です。
男性も女性も、イキイキと仕事に打ち込める。そんな職場ですよ!

経験者はもちろん、未経験で入社し、活躍してるスタッフも多数。面接では、あなたの希望と目標を聞かせてください。

PAGE TOP