税理士法人安心資産税会計

法人税務から相続・資産税務まで、幅広い業務を担当することで、着実にステップアップ!1年後、2年後、実力に差がつき大きな財産となる。そんな経験を積み重ねてみませんか?



  • 東京メトロ南北線『赤羽岩淵駅』1番出口とオフィスビルが直結。JR『赤羽駅』も近く、通勤・通学にも便利ですよ。



  • スタッフの教育、そして成長できる環境作りこそ、私の役割だと考えています。/代表社員 高橋安志



  • TVや新聞、雑誌などのメディアに取り上げられることも多く、書籍も18冊刊行。ブランディングにも力を入れています。

先輩からのメッセージ/相続・資産税務の「本当の面白さ」とは?

専門性が高いと言われる、相続・資産税関連の業務。
実は、その業務のうち8割は、誰もが知識や経験を積むことで対応できる。
いわば、「ルーティン業務」です。

ですが、ここにも経験による「差」は生まれます。
お客様にとって相続・資産税は誰しも、何度も経験するものではありません。ご依頼がくるのも法人ではなく、個人であることが多いもの。だからこそ、準備や手続きの段階で手間取ってしまえば、お客様は不安を抱いてしまう可能性も高まります。

「ルーティン」だからこそ、今後の流れを先読みし、できる事前準備を済ませ、スムーズな手順をご提供することで、信頼も厚くなるものです。この先読みには当然ながら「経験」が求められるわけですが、その点様々なノウハウを共有し、専用ツールを多彩に備える当法人であれば、心配は無用です。

周囲からのアドバイスや、多彩なツールを活用しながら、まずは実務経験を積み重ねていきましょう。研修などの学びの機会も、しっかりと整備しています。経験と学習を繰り返すことで、あなたの中には、いつしか確固たるベースが築かれるはずです。

この段階に入った上で、相続・資産税業務の面白さが詰まった「残りの2割」に挑戦していただきます。この仕事の面白さ、それは「個々に異なるニーズを掴み、多彩な知識を応用し、対応する」ということに尽きます。

お客様にとって、必ずしも「税金が安くなる=幸せ」ではありません。お客様の考え方、志向、状況などに応じて、「最適な提案・対応」は変化します。そのニーズにお応えするためにも、私たちは年金や社会保険、経営者であれば会社の経営状況や法人税、固定資産税など様々な知識を吸収し、応用するのです。

異なるニーズをしっかりと把握・理解し、
幅広い知識を組み合わせて、最適な提案で「満足・安心」を生み出す!
これは非常に難しく、大変で、「やりがいに溢れた」仕事です。

私は入社して23年になりますが、いまだに「仕事に飽きる」という経験がありません。毎回が新鮮で、面白みに溢れています。仕事に「面白さ」や「やりがい」を求める方にとっては、楽しく働ける職場だと思いますよ。

やってて面白い仕事だからこそ、クオリティを追及でき、成長することができます。/門脇雅人さん(入社23年目)

先輩インタビュー/プロフェッショナルとして、刺激や充実感がほしいなら…!

Q/税理士として、安心資産税会計に転職を決意した理由は?
A/やはり「質」の高い仕事を通して、豊富なノウハウを身に着けることができる点ですね。相続の年間取扱件数は、この地域ではトップレベル。また、相続だけではなく法人税務の面でも実績を多く持ち、相続・法人の両面で経験を重ね続けられる点に惹かれました。
また、入社前に当法人の評判を耳にしたのも、きっかけの一つ。税理士向けの相続セミナーなどを数多く主催しており、税理士仲間の間でも高評価でした。

Q/実際に働いてみて、良かった点は?
A/組織として関与した、多種多様な案件の実績とノウハウ。それがしっかりと社内に蓄積され、共有されている点ですね。そこから多彩で便利なツールも整備され、新しく入社した自分でもスムーズに仕事が進められています。

また何より、一人ひとりがプロフェッショナルとして高い意識とスキルを磨いている点。そのプロフェッショナルたちが、チームワークを発揮し、連動して動く職場である点こそ、最大の魅力ではないでしょうか?

Q/具体的にはどういうことでしょうか?
A/お客様のご要望によっては、繊細な判断が求められるケースも少なくありません。そうした時、周囲にプロフェッショナルが集う当法人なら、気軽に周囲に相談できます。互いにスキル・知識・経験を磨いてきたもの同士、そこかしこでディスカッションが始まるのも珍しくありません。専門家として働きたい方なら、とても刺激的で、充実感を得られると思います。

さらに上司からの何重にも及ぶチェック体制も整備済み。こうした「縦・横の連携力」が、とても大きな安心感を生み出しています。

Q/今後の目標があればお教えください。
A/一つは長期スパンの案件に取り組むこと。「相続だけ」「法人税務だけ」ではなく、将来の事業承継なども含め、長期的視点でお客様に携わるような働き方をしてみたいですね。
もう一つは教育です。私が当社で学んだこと、教えてもらったこと、そのバトンを次の人にしっかりと渡していきたいです。

専門性の高い業務を、基礎から学ぶことができる。それが魅力で入社を決めました。/菊池和貴さん(入社3年目・税理士)

先輩インタビュー/会計事務所では「どんな人と働くか」にこだわる事が大切。

Q/税理士として、安心資産税会計に入社を決意した理由は?
A/やはり「質」の高い仕事を通して、豊富なノウハウを身に着けることができる点です。相続の年間取扱件数は、この地域ではトップレベル。また、相続だけでなく法人でも多種多様なお客様がいます。そのため幅広く経験を重ね続けられる点に惹かれました。
ただ、決め手となったのは、所長の人柄でしたね。

Q/所長のどのような人柄に惹かれたのでしょうか?
A/就職活動で10社ほど面接を受けたのですが、志望動機や経験・スキル、入社した際の条件など、一般的な話をするところがほとんどでした。そのような中、当社の所長は様々な現場の話を聞かせてくれて「今度セミナーをやるから聞きに来ないか?」と誘ってくれたんです。それがすごくフランクな雰囲気で、私を歓迎してくれる、と感じました。

Q/実際に入社されて感じた魅力は?
A/一人ひとりがプロフェッショナルとして高い意識を持ち、日々スキルを磨いていると感じました。お客様のご要望によっては、繊細な判断が求められるケースも少なくありません。そうした時、周囲にプロフェッショナルが集う当社なら、気軽に周囲に相談できます。
互いにスキル・知識・経験を磨いてきたもの同士、そこかしこでディスカッションが始まるのも珍しくありません。専門家として働きたい方なら、とても刺激的で、充実感を得られると思います。さらに上司からの何重にも及ぶチェック体制も整備済み。こうした「縦・横の連携力」が、とても大きな安心感を生み出しています。

Q/最後にメッセージをお願いします。
A/会計事務所への就職・転職は、給与や福利待遇だけではなかなか判断できません。重要なのは「入社したらどんな人と働くか」です。当社はその点で「魅力的な職場」と断言できます。
何かやりたい事があった際、まず応援してくれる職場です。「やりたくてもできない」といった変なストレスとは無縁。気持ちよく働きながらレベルアップしたい。そうお考えの方は、ぜひ一度当社の環境を見に来ていただきたいですね。

何にでも好奇心を持って挑戦する姿勢がある方だと、当社で様々な活躍ができますよ。/平田康治さん(入社7年目・税理士)

PAGE TOP