琴税理士事務所/株式会社グローバルビジネスコンサルタント

スキルアップは当然!琴税理士事務所はあなたを税理士として、そして人として成長させることを目指します。



  • チームワークのいい、少人数ならではの雰囲気も魅力です!きっと働きやすさを、実感していただけます。



  • 所長の琴です。お客様と同じ目標を、全力で一緒に追いかけるマインドを大切にしています。



  • 疑問や不安があれば、遠慮なく所長・先輩・同僚に声をかけてください。

先輩インタビュー/責任を感じればこそ、新見かつ細やかに業務へ取り組めます!

Q/ご入社の経緯を教えてください。
A/事業会社の営業職での勤務経験もあるのですが、利益分配型の事務所であり、しっかり仕事を評価してもらえる点に惹かれました。当然、その分お客様への責任も重くなりますが、「お客様へ貢献することで、報酬をいただいている」ということを、強く意識できる環境だと感じています。この意識があればこそ、いっそう親身になってご支援しようという姿勢にも繋がっていると思います。

Q/業務のやりがいを、どこに強く感じますか。
A/完全担当制で、「仕事やお客様を任せてもらっている」と強く感じられる点ですね。仕事の進め方やスケジューリングなども、すべて自分次第です。最初のうちは慣れることに集中されると思いますが、自分のペースをつかめれば資格勉強の時間もキチンと作れるでしょう。

Q/どのような人材が、職場にマッチすると感じますか。
A/完全担当制なので、まず健康管理は必須です。それに加えて、指示待ちではなく自ら考え、積極的に自分の担当するお客様のために動ける方がいいと思います。また、渋谷という土地柄かベンチャー企業や飲食店、クリエイティブ職の方なども多い事務所です。フランクに何でも話ができる関係を築けると、いっそう信頼を寄せてもらえると思いますよ。

Q/新たな方を加え、今後どんなことに挑戦したいですか。
A/税制改正も含め、積極的にお客様へ向けて最新情報を発信していける体制を、今よりもっと強化していきたいですね。知識や情報へのアンテナ感度を一緒に上げていき、情報発信力の高い事務所を一緒に作っていきましょう!

田中幹久さん(2004年10月入社)

先輩インタビュー/所内の人間関係もいいので、この輪に飛び込んできてください!

Q/ご入社の経緯を教えてください。
A/以前も会計事務所に勤務していましたが、より幅広い業種のお客様を相手に様々な業務でご支援をしたいと考え、当事務所への転職を決意しました。また、職場環境のよさも重視したいと考えていましたが、当事務所の温かい人間関係にも惹かれています。仕事だけでなく、飲み会などで色々と相談できる関係は、とても働きやすいですね。

Q/職場としての魅力を、どこに強く感じていますか。
A/当事務所は担当制ですので、一から十まですべて自らが携わることが可能です。幅広い業種のお客様に向けて、自らの知識やスキルを存分に発揮しながら貢献していけることは、とても充実感に溢れていますよ。もちろん、互いの強みや経験を踏まえて、協力し合える雰囲気もあります。自分の経験値が、どんどん拡がっていくのは、うれしい限りです。

Q/琴所長はどんな方ですか。
A/フランクに話しかけてくれると思えば、メリハリをつけて所内外で高度な専門性を発揮して統括してくれる方ですね。知識や経験、スキルを存分に活かすために、コミュニケーション力を最大限に活かしているところを、私自身も吸収したいと感じています。

Q/どんな方と一緒に働きたいと思いますか。
A/事務所の雰囲気がとてもいい環境なので、どんどんその輪に入ってきてほしいですね。一般常識を踏まえた上で、意見や考えも進んで発信できる方が良いと思います!

吉田耕太郎さん(2008年1月、人材ドラフト利用で入社/税理士)

先輩インタビュー/数字屋ではなく、総合的なサポートができる存在へ!

Q/ご入社の経緯を教えてください。
A/前職も会計事務所に勤務していました。結婚を機に将来を考え、「様々な業務へ携わって、スキルアップしたい!」と思い転職を決意。人材ドラフトで当事務所を知り、応募しました。面接で所長や先輩方の親切で、堅苦しくない人柄に触れ、ここでなら長く一緒に働けるのでは、と感じたことを覚えています。また、面接後に内定のリアクションをいただけたのも、非常に早かったです。そこに「自分を求めてくれている」と感じられたのも、うれしかったですね!

Q/当事務所で勤務することの魅力はどこにありますか。
A/当事務所では、人を育てて時間をかけて一人前とするという方針であり、即戦力を採用して任せきりにするという考え方は全くありません。所長も含めたスタッフ全員が幸せになれるように、という考えのもとに事務所の運営がされていることは大きな魅力です。また、利益分配型の給与体系になっていますので、がんばった分だけ給与水準が上がるというのもモチベーションが上がる理由ですね。

Q/大切にされていることは、どのようなことですか。
A/所長からは入社当時より、「単なる数字屋になるな」と度々アドバイスをもらいました。確かに私たちの仕事は数字を扱う仕事ですが、それを「処理」するだけではお客様の満足は実現できません。数字に裏づけされた提案や細やかな情報提供など、「この人が担当者でよかった」と顧問先の皆様が感じてくれるような仕事。それを常にできるよう、税金だけでない総合的なサポートを心がけています。新しく入る方にも、ぜひこういった考え方を共有してほしいですね。

笠原崇さん(2012年11月、人材ドラフト利用で入社)

PAGE TOP