高橋聡公認会計士事務所/株式会社Waymark

税理士を目指しながら、幅広い知識と経験を積み、私たちと共に成長しませんか?あなたの成長をしっかりバックアップします!

プライドを持って仕事に取り組める税理士を目指し、様々な経験を積んでください。/所長 高橋聡

駅から徒歩1分、働きやすい環境を用意し、あなたからのご応募をお待ちしています。

PRポイント
駅から徒歩5分以内
分煙・禁煙オフィス
私服・オフィスカジュアルOK

経営者の悩みにアプローチし、問題を把握。
解決手段を検討し、実行段階までフォローしていく。
それが当事務所のサービスです。

お客様の成長と共に、多種多様な相談が寄せられます。
今後もより広く深いニーズへお応えするべく、さらなる進化をしなければなりません。

近い将来、税理士法人化を行うとともに、社労士法人を設立。
株式会社Waymarkと一体となり、
横断的なサービスを提供するグループを形成したいと考えています。

一般的な税務・会計業務のほかに、創業支援、上場支援、資金調達支援、
労働紛争解決、M&A支援、事業承継支援…。
企業の成長ステージにマッチした、多様なサービスを提供する!
そんなエキスパートを目指したい方を歓迎します。

【ココでだから実現できるキャリアがあります!】
多くのお客様にとって、仕訳・入力や決算・申告書の作成は、
「できて当たり前」の業務です。
確かに会計事務所のベースとなる業務ではありますが、
それだけで満足を生み出すことはできません。

また、お客様の悩みは、税務・会計・労務で区切られるわけではありません。
経営者は時に、漠然とした不安を抱くものです。

だからこそ、専門知識を横断的に駆使して対応することで、
初めてお客様の満足を生み出すことが可能だと考えます。

所長が公認会計士・税理士・特定社会保険労務士・中小企業診断士の資格を保有。
そんなノウハウや知識、スキルを間近で接し、ご自身のものにしてみませんか?
経験の浅い方は社内での会計データ入力業務等から行って頂き、成長やスキルに応じて、徐々に業務の幅を広げることもできます。
事例共有なども随時行っており、所長をはじめ他のスタッフにも質問しやすい環境作りを心掛けています。

当事務所であれば、税理士の勉強をしながら、「時代に求められる専門家」「お客様の道しるべ(Waymark)」になることが可能です。

【求める人材とは】
あなたは将来、どんな専門家になりたいですか?

税目や業務など、一部分に精通した「スペシャリスト」ではなく、
経営者の悩みに向き合い、広く解決を模索する。
そんな「コンサルタント」のような働き方を追求したい方にとって、
当事務所での経験はきっと一生の財産となるはずです。

一流のコンサルタントを目指すには、あなた自身の努力が必要です。
特に「知識」を身に付けようという姿勢は、常に持ち続けていただきたいですね。
そうした方は、事務所としてあなたの成長をしっかりバックアップしていきます!

企業プロフィール

所在地 東京都千代田区麹町3-3-8 丸増麹町ビル3階
電話番号 03-3288-9292
E-Mail info@takahashi-cpa.jp
URL  
代表者名 所長 高橋聡(公認会計士・税理士・特定社会保険労務士・中小企業診断士)
設立年月 2003年9月
従業員数 5名
業種 会計事務所・税理士法人
社会保険労務士事務所・社会保険労務士法人
コンサルティング会社
事業内容 法人税務全般、税務顧問業務
経理業務・給与計算業務等各種BPOサービスの提供
創業支援からIPO、事業承継、M&A、人事コンサルティング等の幅広い企業支援

メッセージ

好奇心を持ち、とことん追求していく方だと、着実にステップアップできる環境です。/小山隆司さん(右端)

【先輩からのメッセージ/松崎淳さん(入社1年目)】
昨年9月、私も人材ドラフトで入社した一人です!
以前も会計事務所に勤務しておりその中で、気づいたこと。それが労務面からのご相談も多い、ということでした。税務をベースに労務などまでカバーして、広くお客様を支えたい。そんな思いを実現できる場として、当事務所に惹かれました。

代表は事業会社でもご経験をお持ちの方。考え方や目指すサービスのお話を伺うと、とても共感できる点が多いです。公認会計士ならではの、広い視野から出てくるご指導なども大変ありがたく感じています。

一般的な中小企業のみならず、IPO準備会社から上場企業、老舗企業や新規開業企業など実に幅広いお客様へ対応している事務所です。ここで様々な業務・業種・サービスへ携われる毎日は、刺激と成長の連続ですよ!

【先輩からのメッセージ/小山隆司さん(入社9年目)】
私は未経験で入社し、取締役に就任させていただきました。
なぜ、私が取締役になれたのか?
それは「結果」にこだわったからだと思います。

「どれだけ頑張ってサービスを提供しました」というのは、あまり意味がありません。重要なのは、サービスを提供した結果、お客様の経営にどんなプラスがあったか。そして、「お客様に満足していただくことができたか」です。

常に結果にこだわる意識を持つことで、「もっと良い方法はないか」と調べ、新しい知識を追求し、課題解決を突き詰めて考える姿勢が養われると思います。私は社労士ですが、税務でも色々と業務を経験させていただいています。どこまでも追及する当事務所のスタイルは、いずれの仕事でも「面白さ」や「醍醐味」に出会える働き方だと思います。

新しくご入社される方も、ぜひ結果にこだわり、成長を重ねてほしいですね。

募集職種一覧

PAGE TOP