株式会社アクセスコンサルティング/江口会計事務所

2018年中に資産税部と法人税部で3~4名を採用予定。大型資産税を扱うプロフェッショナル集団の一員となるチャンスです!



  • 会計業界はもちろんのこと、異業種からの転職の方も皆活躍しています。案件多数業務拡大にともない2018年は3~4名採用予定。



  • 所長のほか、経験豊富な先輩税理士スタッフが7名います。机上にないスキルを学んでください。



  • 2017年も、受験生バックアップ制度(案件調整や試験休暇など)を活用し、働きながら5科目合格した先輩を輩出しました。

先輩インタビュー/働きながら資格取得し、日々成長を重ねてることができています!

Q/前職では金融機関にお勤めだったと伺いました。 
A/前職では、税理士の仕事を近くでみる機会に多く恵まれ、「税理士は専門知識を生かし、
お客様の気持ちに最も近い支援と末永くお手伝いしてゆける仕事」であることを感じたことが、税理士を目指すきっかけとなりました。もちろん金融機関の仕事にもやりがいは感じておりましたが、もっと踏み込んでお客様の心情や本音を誰よりも最初に引き出し、信頼関係を構築し、密接に関わっていけるポジション。そんな税理士の在り方に憧れを抱きました。

Q/勉強を始め、3科目合格したところで江口会計にご入所されましたね?
A/資産税務に多くの実績を有する当事務所は、まさに理想の職場だと感じました。資産税とは個人に対する税務であり、最も「感情のある税金」です。一つとして同じ案件は無く、常にお客様に対する気遣い・心配り・スピード感が要となる仕事です。当事務所の仕事のスタンスが、面接にも表れていたと感じます。面接時に所長である江口の熱い仕事への気持ちやスタッフに対する「やる気のある人にはチャレンジできる環境」についての話を伺い「ぜひここで自分の力量を試したい」と強く感じたことが入社決意の大きなポイントとなりました。

Q/ご入所後に2科目合格して、資格取得されたのですね。
A/入所初年度は残念な結果に終わりました。その際、所長の江口から「働きながら資格を取得した先輩のアドバイスを聞き参考にしなさい」と諭され、所内の先輩全員と個々で面談する機会を頂きました。一名の受験スタッフに対して、所長の江口が試験に対しての気遣いをくださり、その指示のもと先輩方が時間を割いて下さる環境は非常に稀であり、私は大変恵まれていたと思います。それは、試験前の「試験休暇」制度でも同様です。「試験休暇」の取得や案件調整など、所長をはじめ事務所の方々に心身共にサポートして頂けたおかげで、時間を有効利用し、試験に挑む事ができました。当事務所は受験者に対するサポートやバックアップ体制が整っています。

Q/そのアドバイスは大いに役立ったのですね?
A/客観的に自分の勉強法を見てもらうことで、考え方や勉強の進め方を整理することができました。また、先輩方の経験談は非常に役立ったと同時に、所長の江口をはじめ、所内スタッフからの応援が心の支えとなりました。
所長の江口は、スタッフの税理士試験を自分のことのように、心配・応援してくださり合格では自分のことのように喜んでくださいました。
ついに合格を手にした日、所長が力強く私の手を握り「おめでとう!」と激励してくれたことが今でも強く心に残っています。

Q/実務面では、所長や先輩方からどんなことを学びましたか?
A/所長は、よく「ビジネスとして関係者全員に利益となるストーリーを描きなさい」とアドバイス下さいます。お客様を主人公としながら、ご家族はもちろん全ての登場人物に対していかに満足のいく結果を出せるか、知識やスキルを出し合います。サービス業の意識を持って資産税の仕事を進めていくことは、とても難しい反面、大変やりがいがあります。これからも税務の専門家(プロ)であると同時に、人としても信用・信頼関係を構築できるよう今後も高い目標を掲げて日々努力を続けていきます。

経験豊富な税理士の方が多く、モチベーション高く働ける環境です。/法人資産税部 竹村輝久(税理士/写真左)

先輩インタビュー/「ほどほど」ではない上昇志向を、江口会計でなら形にできます!

Q/ご入社の経緯は?
A/前職で培うことができた経験を踏まえ、「相続専門」の事務所に転職したい。そう考える中で、江口会計は
・他社との明確な差別化がある
・量よりも質を重視した職場である
といった点に、強く惹かれて入社を決意しました。

Q/現在の業務は?
A/入社後まずは、先輩の補助として必要資料の作成からスタート。ここで、実際の流れを通じて、どのような準備が必要かを学ぶことができました。現在は、直接お客様とお会いし、お話を伺いながら対応する業務が増えました。申告はもちろん、生前贈与や組織再編などを含む対策業務にも携わっています。

Q/どのようにしてレベルアップを図っていますか?
A/OJTを中心に、先輩・上司の皆さんからも本当に丁寧な指導が受けられる環境です。まさにお客様ごとに異なる状況へ、最適な方法を模索し、オーダーメイドのサービスをご提供する。その難しさを感じると共に、大きなやりがいも感じている毎日です。この規模の案件だと、相続税法のみならず他の税目知識も活かし、総合力で貢献を深めるということも面白みを更に増していますね。

Q/実際にお客様とお会いして、気づいたことは?
A/この仕事は「数字」ではなく、「人」や「気持ち」と向き合うことを大事にすべき仕事だと、改めて感じています。お客様とお会いすることで「ご支援して差し上げたい。そのために、専門家としても人としても、襟を正して接しよう」と強く感じるようになりました。

業務それぞれも「数字をつくる」のがメインではないんです。それでは自分目線で、自分がやりやすい形を作りがちです。それよりも、いかに「伝える」か。お客様がどうしたら安心してくださるか。喜んでいただけるか。それを第一に、一つひとつの業務へ真摯に取り組んでいきたいと思います。

お客様のバリエーションも様々。決してルーティンにならないところに、刺激を受けられる仕事です。/資産税部 大廣さん(税理士)

先輩インタビュー/税理士として非常にレアなケースに携わり、力を発揮できます。

Q/江口会計で携われる業務の特徴は?
A/当事務所の目指している姿、サービスは「特定のお客様に限定・特化した領域で、高品質なサービスを提供する」という大変限られたものを志向しています。その領域こそが、「相続・資産税案件への特化」であり、「資産規模10億円以上の個人の特定富裕層や優良企業オーナーのみをクライアントとする」というこだわりになっています。

実際、私たちが携わらせて頂く規模の相続・資産税案件は、税理士であれば誰もが経験できるというものではありません。むしろ、ほとんどの税理士が生涯携われないような規模と専門性があります。また、その領域において、国内でも有数の経験とノウハウを持っている組織が江口会計です。

Q/そこに携わる者として、留意するべき点は?
A/お客様は一つとして、「同じ場合」はありません。だからこそ、私たちの仕事もマニュアルで一つ一つチェックして終えられるような、型にハマる仕事はありません。また、扱う案件の規模が大きいため、些細な改正でも大きな違いになってしまうことも多いですね。そのため常に緻密な計画や、細心の心遣いが欠かせないと考えています。

Q/どのようにして、人材を育成するのでしょう?
A/所内外での研修や勉強会を充実させ、知識やスキルのブラッシュアップは組織としても積極的に行っています。それは当然のこととして、新たにお迎えした仲間には、私たちの仕事の「怖さ」も知ってもらうことが大事ですね。

案件が大きいということは、例えば土地の数や評価額も桁違いだということです。そういった案件での「ちょっとしたミス」は、大きな数字や金額の違いになってしまいます。その怖さを自覚したうえで、乗り越えて、経験を重ねてほしいですね。その不安を解消できるよう、私たちもチェックやアドバイス、相談にも対応するなどサポートします。
ですが、やはり怖さを乗り越えて経験するしかないんです。

Q/そうしたことを踏まえ、適している人物像とは?
A/業務への熱意=志は、きっとお持ちでしょう。それに加えて、気持ちで負けないこと。自ら調べ、学び、周囲に相談し、協力し合いながらお客様のために提案を続ける。そうした姿勢を大事にできる方を歓迎したいですね。

私たちの知恵やノウハウは、惜しみなくお伝えします!高い意欲と志を持って取り組んでください。/税務部 二川部長(税理士)

PAGE TOP