税理士法人チェスター

相続税専門の税理士法人!東京(三越前)・横浜・大阪・新宿(2017年4月開設予定)・名古屋(2017年5月開設予定)の5拠点で、新メンバーを募集します!



  • 相続税専門の事務所として毎年急成長しています!



  • 経験豊かな先輩&上司が、あなたの成長を強力に後押しします!



  • 相続セミナーの様子。この分野における真のプロフェッショナル集団として、確かな情報発信にも努めています。

育児やご家庭と、仕事を両立している税理士の先輩は…

清水真枝さん(2010年入社/税理士)

Q/ご入社の経緯は?
A/前職はリース会社の人事部スタッフとして4年半勤務。出産、そして税理士試験の勉強に集中したいと考え、退職しました。その際に、所得税と相続税を勉強したことから、「税理業務全般に携わりつつ、個人の資産税業務もやりたい!」と思ったことが、当法人を選択した大きな理由です。

Q/育児と仕事を両立されているそうですね?
A/税理士という仕事は、自ら知識やスキルを磨くことで自己完結できる仕事です。出産後、育児と両立しながら働き続けたいと考えていた私にとって、まさに理想となる資格だと思いました。
育児との両立という面でも、チェスターでは理解が深く、勤務形態や時間へも柔軟に対応していただいています。産休育休も問題なく取得できますから、今後に向けてお考えの方にも安心だと思います。

Q/現在、携わっている業務は?
A/横浜事務所で新規のお客様面談や財産評価、遺産分割案の提案といった資産税案件に、担当として一連の業務全体に携わっています。もちろん、顧問業務も任せていただいていますよ!
業務の中では常に新しいことに出会うものです。だからこそ、自らを常に高めるべく勉強を重ね、よい専門的な知識を身につけ、お客様に自信を持ってご説明できる存在でありたいと考えています。

Q/職場の雰囲気、魅力は?
A/ベテランから若手まで年代層も広く、他業種・同業種問わず中途入社の方が多い職場です。何でも相談できるフラットな雰囲気の中で、色々な経験談も交わされるという面白味も得られます。
チーム長とスタッフの間では定期的に、代表とも年に数回は面談の機会があります。そうした機会に改めて提案したり、助言をもらえたりするのもありがたいと感じています。

相続税を経験したい方には、経験も勉強もできる環境です。所内の雰囲気も良いので、柔軟性を持って、気持ちよく働けますよ!

相続分野のプロを目指して入社した税理士の先輩は…

田代周平さん(2013年入社/税理士)

Q/ご入社の経緯は?
A/以前は個人会計事務所で、法人税ならびに所得税の申告業務に携わっていました。飲食業・セミナー業・小売業・不動産管理業など、多種多様なお客様を30件ほど担当。ここでの経験も、もちろん貴重なものでした。
元々、税理士を目指し始めた当初も、「より何かの専門家になりたい」という思いがあり、資産税案件には関心を高く持っていました。と同時に、「まずは法人税をはじめとする、税務全般に経験を持とう」と。その目標を、お仕事を通じて実現させていただけたので、改めて相続専門のチェスターへと転職を決意しました。

Q/相続・資産税に関心を高めた理由は?
A/私が大学生の時、身内で相続が発生したんです。その時、とても大変な思いをしまして、「生きていく中で切り離せない税金というものを、自分は何も知らないのだな」と思ったのが、税理士を目指すきっかけでもありました。
また、ご存じのように、相続業務は今後ますますニーズの高まる分野です。専門性も高く、ニーズもある分野でプロとして働きたい、という思いもありましたね。

Q/実際にチェスターに入社しての感想は?
A/当法人のHPをご覧いただくとわかりますが、チェスターは「相続分野で日本一」を目指しています。そのため案件数も非常に多く集まってきますし、そこで働くことは件数を重ね、経験を積み上げる意味でも、とても有効だと感じています。
また、代表をはじめ勤務しているスタッフの年齢層も比較的若く、働きやすいのも特徴です。また、申告業務に限らず、実に多彩な経験ができる点も魅力ですね!

Q/どんな経験が積めるのでしょう?
A/相続に関するセミナー運営や書籍執筆、運営サイトの記事作成など、情報発信の段階からも色々に経験できますよ。また、スタッフが感じた疑問や意見にも、代表や役員はきちんと耳を傾けてくれます。一つひとつの案件に、組織の考えなどを納得して取り組むことができるので、成長も自然と促されると感じています。

「相続分野で日本一!」という目標は、着実に視界に入ってきています。ぜひトップの景色を、一緒に堪能しましょう。

未経験で入社し、税理士を目指して勉強中の先輩は…

仲谷早央里さん(2016年入社)

Q/未経験でのご入社だと伺いました。
A/人に接し、お役に立てる仕事として、大学の頃から税理士を目指したいと考えていました。いざ就職の際、試験勉強と両立しながら、多様化する税理士業界の中でも関心が高かった相続・資産税に携わる機会の多いチェスターに惹かれ、入社したいと思うようになりました。

Q/面接などの際、チェスターに感じた印象は?
A/試験勉強との両立に理解が深かったこと。そして、大阪事務所は代表も女性のため、女性目線でリラックスしてお話ができたこと。さらに先輩方の明るく働かれる様子をみて、私も一員として働きたいと思ったのを覚えています。

Q/入社から半年ほど。今の業務は?
A/先輩税理士の下で、相続税申告について一連の業務に携わっています。周囲の方々も丁寧に指導してくださいますし、所内研修も充実しているので未経験でも心配はいりませんよ!また、お客様とのやり取りも契約段階から財産評価やクロージングまで同席させていただけるので、本当に学べることが多いと体感しています。

Q/大阪事務所の雰囲気はいかがでしょう?
A/現在8名体制ですが、本当ににぎやかな職場です。普段は黙々と仕事に集中していますが、分からないことや聞きたいことがあれば気軽に相談ができ、とでも風通しのよい事務所です。また、新人を対象にした所内研修などは、東京の事務所とテレビ電話でつないで行っています。組織全体としてのスケールメリットも十分に感じられるので、安心して働けると思いますよ!

担当の案件を調整することで定時に帰れるため、勉強との両立も可能です。実務で内容の濃い経験を積みながら、合格も目指せます!

PAGE TOP