税理士法人東京シティ税理士事務所

仕事内容、待遇、報酬、将来性、全てにおいて満足できる環境!せっかく手に入れた税理士という資格、最大限に発揮しませんか?



  • 当事務所は税理士が「税理士らしく」活躍できる組織です。プロの税理士として活躍しませんか!



  • 秘書として税理士のサポートを行っています。あなたのサポートも私たちに任せてくださいね!



  • 当事務所の著書です。当事務所の税理士は皆、原稿執筆や監修の依頼を数多く受けています。

所長&副所長の仕事は?/皆さんが力を存分に発揮できる環境をご用意します。

【所長&副所長の仕事/山端康幸】
所長は言うまでもなく事務所の代表です。東京シティ税理士事務所の所属税理士も、20人を超えるとすべての税理士の業務を指導することは困難です。そこで副所長の登場です。

当法人の税理士のすべてが、資産税の経験をもって入所するわけではありません。初めて資産税に触れる税理士もいます。しかし、所長・副所長はじめ、経験豊かな先輩・ベテランの経験や、積み上げてきた長年のノウハウがあります。これらを、私たちは惜しげもなく伝授してきました。

お客様からのご相談の電話やメール、悩みを抱えて来所される方々。そのご期待に応え、問題解決のために持てる力を最大限に発揮する風土があります。培ってきた経験・知識を応用し、自らの新たな発想力を駆使して、総合力を以って日々の業務に励んでほしいと願っています。

【副所長 村岡清樹の長く、短い一日】
朝デスクに到着した。秘書より本日の日程の確認を受ける。前日から貯まった報告書類を決裁。その後、さっそくお客様の電話税務相談。チーム所属税理士の相談を受ける。難問を担当税理士2人と3人でミーティング。税務申告書のチェック。合間にまた、お客様の電話税務相談。再び難問発生。所長を交え税理士4人でミーティング。クレーム発生。お客様にお詫びの電話をする。解決。

そうこうしているうちに夕方になる。電話の相談も少なくなってきた。自分の仕事がやっと落ち着いてできる。窓の外は暗くなっていた。コーヒーでも飲んでじっくり税務申告書を作ろうか。副所長といえども私は税理士。プレイングマネージャーです。1日が短いなぁ。

所長 山端康幸(写真左)/副所長 村岡清樹(写真右)

リーダーの仕事は?/チームの頼れる導き手として!

【リーダー&サブリーダーの仕事/石井力】
リーダーは2~4人の税理士と秘書で構成されるチームを運営します。業務は法人・個人の税務申告、贈与・相続の相談や税務申告、土地の有効活用、アパートマンション経営の税務、土地売買の税務など資産税の分野での相談から申告実務まで。実に幅広く携わっています。

こうした様々な業務を、東京シティではチームで対応。その際、チーム全体の進捗を把握し、導き、チェックするのがリーダーの仕事。サブリーダーは、リーダーの補佐ですが、自分のお客様を自分で行うような仕事の形式です。

チーム制で協力体制を保ちつつ、ここの業務は自己完結型でやりがいがあります。安心して、各々の力を最大限に発揮してほしいですね。

【リーダー 石井力の独り言】
私は4人の税理士と、ひとりの秘書がいるチームのリーダー。月に一度の会議でメンバーに叱咤激励します。今年は幸いクレームもなく、順調に仕事が進んでいることに安堵と充実感を感じます。

お客様から厳しい注文が入りました。…期限が短いご依頼内容。どんな段取りで進めるか悩みます。早速メンバーの税理士と二人で打ち合わせし、方向性を決定!すぐさま着手します。秘書に事務作業を指示し、メンバー税理士と二人で資料集めをスタートです。

そんなときでも、お客様の電話税務相談は待ってくれません。電話相談、と甘く見ることはできません。油断すれば、誰しも大きな間違いを犯してしまう。どの仕事も真剣勝負です。時には副所長にも意見を伺い、慎重に仕事を進めます。

そうこうしているうちに、もうひとりのメンバー税理士が相続税の申告書を持ってきた。そっかー。明日が期限か。デスクの上に置いておいてください。すぐ見ます。

リーダー 石井力/是非、プロフェッショナルな税理士として一緒に働きましょう。

東京シティ税理士事務所で、「税理士」が手に入れられるものとは?

【東京シティの税理士たち】
税理士はチームに所属します。チームリーダー、サブリーダーの指導で業務を担当。知識や経験の不足分は、心強いリーダーが補ってくれます。

入所当時は、お客様から寄せられる資産税の質問が、まるで外国語のように感じられることもあるかもしれません。税法を勉強したことがウソのように感じ、「新しい税法が次々にできているのでは?」とも感じるかもしれません。

だからこそ、チームで業務に取り組むことができ、経験豊かな先輩と共に働くことに意義があります。培われたノウハウやケーススタディを、どんどん吸収していきましょう。そして気がつけば、大きな成長を実感でき、「早く自分もチームを持ちたい!」と思えるようになっているはずです!

【ある税理士の楽しみ】
昨日は某社の税務相談会だった。来場者は5名。全部のお客様にベストの応えを出せたか心配です。お客様の悩みは色々。一つ一つ応えていくが、安心してご帰宅されるお客様を見ると税理士をして良かったと思います。

自分の実力以上の難解な仕事だと、税理士になったことを悔やむこともありました。そんなとき、先輩税理士や同僚税理士のアドバイスに救われることもしばしばです。同僚はすべて、不動産・相続税務の専門家。ライバルでもあれば良き相談者でもあります。そのことを、きっと体感できるでしょう。

学ぶことはまだまだあります。大変だけど、達成した時の喜びがあるのが資産税専門税理士の面白さなのかもしれません。つらいけど楽しい。そんな仕事に、一緒に夢中になってみませんか?

個々が「自己完結できる税金のプロフェッショナル」として活躍しつつ、連動性を深めて品質向上を目指していきましょう!

PAGE TOP