阿久津公一税理士事務所

時間優先型社員で訳有勤務を応援します。試験勉強中、子育て中、介護等々の理由で定時までしか働けない方でも大丈夫。勤務時間と報酬を個人のライフスタイルに合せて選択する事が可能です。



  • 所長、スタッフ一同お待ちしております。



  • 実際に働いて、確かめてみて下さい!



  • 充実したワークライフを送りましょう!

阿久津所長からのメッセージ/コンセプトは「税理士養成事務所」です。

2年半ほど前、優秀なスタッフが辞めることになり、その理由を深く聞いてみたことがありました。その理由は「働きながら資格を取るのがたいへん」というもの。

当時、スタッフには担当を持ってもらい、自由でありながらも責任を持ってお客様にサービスを提供してもらっていました。確かにそれで、実務スキルを身に付けることはできます。しかし意欲的に仕事に取り組めば取り組むほど、勉強時間は削られてしまうという実態もあることに気づきました。

若い人たちが、安定して働くにはどうすればよいか?
検討を重ね、生まれたのが「税理士養成事務所」というコンセプトです。

資格取得を目指す方には負荷をかけず、仕事と勉強の両立がしやすい環境を整備。また資格取得後には、当事務所での活躍の場を大きく広げられるようにし、もしも独立を希望される方がいれば選択の一つとして応援もしています。

今後、税理士は「何でもできます」では、大きな組織と単純な価格競争に陥るのでは、という危惧もあります。専門家として生き残っていくためにも、得意な分野を先鋭化させることが不可欠です。

個々が一専門家として特性を発揮するためには、従来の所長を頂点としてピラミッド型の組織では不十分。個々が緩やかに横の連携をしていく組織であることが求められると考えています。それゆえに、今後3年を目途とした法人化も視野に入れ、組織作りに注力している真っ最中です。

まずは仕事と勉強を両立し、資格を取得する。
その後は、同じ税理士同士で連携し、特性を活かしていく。
そんな考え方に共感していただける方は、ぜひご応募ください。

闇雲な組織拡大ではなく、税理士が育ち、将来に渡って連携し合える事務所に進化していきたいですね。/所長 阿久津公一

先輩インタビュー/本当に残業ゼロ!資格取得、そしてその先の準備も順調です!

佐々木広幸さん(入社2年目)

Q/入社以前のことからお教えください。
2年ほど、16~7名の税理士事務所で働いていました。監査担当として法人を24件、他に医療・美容関係の個人を受け持っていました。仕事内容は訪問が多く、毎日飛び回っている感じでしたね。
また、繁忙期には休日出勤も多く、仕事をしながら試験勉強をしながら「このペースでは先が見えなくなるな」と感じたのです。そこで人材ドラフトで「残業なし」を条件に探したところ、当事務所を知り、すぐに応募の電話をかけました。

Q/実際に入社してみていかがですか?
本当に残業がまったくないのには驚きました。
お客様からの依頼が集中し、業務量が増えそうになった時でも、人を増やし所長が調節してくれます。2年の間に、お客様の急な都合で休みの日に出社したこともありましたが、代休を取ることができました。有給もしっかり消化できるので、勉強を着実に進めることができましたね。
今は休日に学校に通っていますが、一緒に働く仲間の中には、平日に学校や大学院に通っている人もいます。勉強と仕事を両立させたい人にとって、とても働きやすい環境だと思います。

Q/今の仕事内容についてお教えください。
アシスタントスタッフが入力したデータのチェックや、決算前の整理、申告書の作成などを担当しています。
ただ、意欲のある方なら、もっと幅広い業務に携わることも可能です。株価評価や相続、会社清算といったスポット業務の依頼もあるので、経験を積みたい方は面接などで所長に相談してみてはいかがでしょうか。

Q/今後の目標を教えてください。
資格を取得したら、やはり独立したいと考えています。
事務所によっては、スタッフの独立を嫌うところもあるようですが、阿久津所長は私の希望を聞いたうえでアドバイスをくれるなど、応援してくれます。所内でも隠すことなくオープンに将来を見据えることができるので、気持ちの上ですごく楽に働くことができますね。

当事務所だからこそ、資格取得や独立などの目標を叶えられた、という先輩もたくさんいますよ。

先輩からのメッセージ/温かな上司・同僚に支えられて、仕事も家庭も充実しています。

河野教子さん(入社2年目)

私は以前、地元の会計事務所でパートとして働いていました。
仕事の内容は、ひたすらデータの入力。「子供を育てながらでは、それくらいしかできないな」と考えていましたが、子育ても徐々に落ち着いてきて、やはり正社員として働きたいと思うようになりました。そこで人材ドラフトに登録したところ、最初にドラフト指名をいただいたのが当事務所でした。

面接では、「子育てと仕事を両立したい」という思いを伝えたところ、所長はすぐに「応援します」と言ってくれました!

実際入社してみると、例えば授業参観にも、有給休暇を半日もらって参加することもできます。有給を40分単位で使うことができるので、急に子供の具合が悪くなった時でも、病院に行ってから仕事に来る、などもできる!こうしたことが、すごくありがたいですね。

何より所長をはじめ、一緒に働く仲間が私の事情を理解してくれていて、ちょっとした時に「大丈夫?」と声をかけてくれます。おかげで子供をしっかり育てながら、正社員で働くことができています。

現在では入力から決算まで、少しずつ幅を広げることができました。
今後は子供も成長していくので、それに合わせて手がかからなくなります。
それに合わせて、もっともっと仕事の幅を広げていきたいですね。

まずは経験を積み重ねていく。
その先に道が拓けていくのではないか、と考えています。

一緒に働く皆の優しさに支えられて、子育てをしながらでも、将来についてしっかりとした目標を持つことができました。/河野さん

PAGE TOP