阿久津公一税理士事務所

時間優先型社員で「訳有勤務」も応援!試験勉強中や子育て中、介護等々の理由で定時までしか働けない方でも大丈夫です。勤務時間と報酬を個人のライフスタイルに合せて選択可能です。



  • 所長、スタッフ一同お待ちしております。



  • まず仕事と勉強を両立し、資格を取得。その後は税理士同士で連携し、特性を活かしていく。そんな考えに共感できる方、歓迎です。



  • 毎年夏に恒例となっている、梨狩りの様子。チームワークのいい、壁や隔たりのない組織です!

先輩インタビュー/「時間優先型」から「業務優先型」へと、最近切り替えました。

中島満里子さん(入社2年目)

Q/ご入社の経緯からお教えください。
A/経験を活かして、会計事務所で働きたい。けど、3人の子供を育てながら、上手に働ける職場はあるのかしら…。と思っていたときに、友人でもある当事務所の河野さんから事務所のお話を聞いたんです。その後、人材ドラフトで詳細な情報を見て、すぐに応募しました。

Q/時間優先型の働き方を選ばれたのですね?
A/そういう働き方があって、残業も少ないとは聞いていましたが、「実は残業もあるんでしょう?」なんて思っていたんです(笑)。それが、面接は19時からだったのですが、所長以外誰もいなくて!正社員でも残業が少ないのが通常モード、というのは入社前に実感できました。実際に入社してわかったのですが、業務優先型の方も早く帰っていますよ。

Q/どうしたら、そんな働き方ができるのでしょう?
A/所長と副所長が、業務のバランスを常に気配りして調整してくださるからだと思います。また、スタッフ同士も自然とお互いに助け合って、負荷なく働けるような環境ができているのも大きいかもしれません。業務時間内もピリピリとした雰囲気とは無縁で、時に雑談などもしながら、余裕を持って働けています。

Q/最近、業務優先型へ切り替えられたとか。
A/お客様と、もっと直接コミュニケーションをとって、深く業務へ携わることで貢献を深めたいと思いました。子供の成長も見ながら、「今ならできるかな」と。生活環境は誰しも変わるものですよね。当事務所では所長に相談すれば、キチンと話を聞いた上で、働き方を切り替えることが可能です。私もご相談して、すぐにお客様と直接お話する機会が増えました!

Q/どんな方が職場にマッチするでしょう?
A/新しい環境で慣れないことや、失敗もあると思います。そんな時に、周囲の声を素直に聞いて、反映できる方ほど成長も早いと思います。様々な特性や経歴を持つ先輩がいますから、お互いに経験などを共有して、いいところを吸収しあえるといいですね。

有給の取得なども大らかで、仕事も家族との時間も大事にできています!

先輩インタビュー/勉強との両立を希望して入社したら、なんと業務面でも…!

木島規秀さん(入社2年目)

Q/ご入社の経緯からお教えください。
A/前職ではとてもやりがいのある仕事もできていたのですが、もっと業務の幅を広げたいと思い、一念発起して転職を決意し、かつ資格勉強時間の確保が可能な時間優先型という働き方ができる当事務所を知り、入社を希望しました。

Q/実際にご入社になって、いかがでしたか?
A/残業は基本的にありません。定時が17:30なこともあり、平日も余裕を持って通学ができています。さすがに年末調整から確定申告の時期は、周囲の同僚をサポートしたいと思って多少は業務量も増えましたが、それでも年間通じて通学や両立が十分にできる環境です。とても満足できていますね。

Q/時間優先型とは、業務面ではどんな感じなのでしょう。
A/私の場合、原則として担当を持っていません。ですから、担当を持って取り組んでいるスタッフのサポートがメインです。とはいえ、「業務面でのやりがいは少ないのでは…」なんて思わないでください。自ら「やってみたい」と言えば、色々なことに挑戦させてもらえる職場であることも、皆さんに知ってほしいですね!

Q/例えば、どのような業務に携われるのでしょう?
A/実は前職の頃から、相続案件に携わってみたかったんです。試験勉強でも相続税法を学んでいて、そのことを面接で所長にお話ししたところ、「やる気があるなら、やってみるかい?」と。相続申告案件が比較的コンスタントにお寄せいただくのですが、それを担当させてもらえています。業務面でも希望が叶い、とても充実しています!

Q/どんな方がマッチすると思いますか?
A/スタッフ皆が、仕事の相談も含めて屈託なく何でも話せる雰囲気が魅力です。そんな輪に気負わずに入ってきてくれるとうれしいですね。

当事務所だからこそ、資格取得や独立などの目標を叶えられた、という先輩もたくさんいますよ。

先輩インタビュー/職場へ行くことを「楽しい」と感じてもらえたら、うれしいですね!

河野教子さん(入社4年目)

Q/ご入社の経緯からお教えください。
A/以前は、地元の会計事務所でパートとして働いていました。仕事の内容は、ひたすらデータの入力。「子供を育てながらでは、それくらいしかできないな」と考えていましたが、子育ても徐々に落ち着いてきて、やはり正社員として働きたいと思うようになりました。そこで人材ドラフトに登録したところ、最初にドラフト指名をいただいたのが当事務所でした。

Q/実際にご入社になって、いかがでしたか?
A/「子育てと仕事の両立を、応援する」という所長の言葉通りでした。例えば授業参観にも、有給休暇を半日もらって参加することもできます。有給を40分単位で使うことができるので、急に子供の具合が悪くなった時でも、病院に行ってから仕事に来ることができる。こうしたことが、すごくありがたいです。何より所長をはじめ、一緒に働く仲間が私の事情を理解してくれていて、ちょっとした時に「大丈夫?」と声をかけてくれます。おかげで子供をしっかり育てながら、正社員で働くことができています。

Q/所長からは「河野さんを頼りにしている」と伺いました。
A/うれしいですね。私も所内で社歴が長いメンバーとなったので、事務所のいい雰囲気を大事にしたいと思って接するようにしています。誰しも最初は新しい環境に緊張すると思いますが、いきなり慣れようなんて思わなくて大丈夫です。ちょっとずつ、でいいんですよね。少しずつお話をして、お互いに理解を深めて。縁あって集まった人たちですから、少しずつ心をオープンにして、個性を出し合いながら活躍していければいいと思っています。

Q/皆さんのお話を伺って、雰囲気の良さをすごく感じます。
A/ありがとうございます。私自身、当事務所で働き始めて、毎日が「楽しい」んです。もちろん、「あの仕事、大変だろうな」とか思うことはありますよ?でも「事務所に行きたくない」と思ったことは一度もないんです。新しくお迎えする方にも、同じように感じてもらえたらうれしいですね。お待ちしています!

お姉さんのような気持ちで、新しく入る方にも接したいですね。何でも相談してください。

PAGE TOP