株式会社トライアンフコーポレーション【東京証券取引所上場】

株式上場後も着実に成長を続けるベンチャー企業です。事業規模の拡大に伴い経営企画・経営管理部門の人材を補強しています!



  • グループ共通のロゴマーク。王冠は偉業(Triumph)を、馬車は持株会社と事業会社の関係を、双葉はベンチャースピリットを表現。



  • 新宿近辺の駅からアクセス良好!高層ビル街の一角ですが、落ち着いた雰囲気のある好立地です。



  • 持株会社はグループの中心だから、チャンスも多く、経営に参画しているんだという実感が持てます。(経営企画部スタッフ)

東京証券取引所へ株式上場後、持続的成長を実現するために投資を続けています。

当社は、情報技術事業、機器製造事業、不動産事業を営む事業子会社3社を擁する企業グループの純粋持株会社です。
事業子会社の業績向上のために経営を支援し、新規事業を立案し、または有望な企業と資本業務提携を行うといった活動によって企業グループ全体の価値向上に取り組んでいます。

2015年11月、東京証券取引所 TOKYO PRO Marketへ株式上場しました。
以降、持続的成長を実現するために、積極的な投資を続けています。

【主な連結子会社(事業内容)】
・インフォメーションサービスフォース株式会社(情報技術事業)
・エコン株式会社(機器製造事業)
・株式会社トライアンフアセットマネージメント(不動産事業)
・株式会社アドバンス(流通販売事業)

当社グループは、ステークホルダーとの利害調整には不偏不倚に取り組み、企業価値の向上には不可避なリスクを厭わず積極的に高いリターンを追求することを経営の基本方針としています。/代表取締役 小澤勝

刺激的な変化と成長の機会に富む職場です。

一般的に、非上場企業では財務諸表を見るのは社長だけで業績は一切公表されない、といったケースは少なくありません。
しかし、当社は株式上場企業であるため、投資家への情報開示の機会が多く、バックオフィスの仕事の成果が投資家をはじめとした多くの利害関係者の目に触れる機会があるのが特徴です。
また、当社はM&Aによる外部成長に力を入れており、スタッフの増員、ワークフローやルールの再構築・最適化を行いながら成長してゆく、刺激的な変化がある職場です。

こうした環境をポジティブに捉えられる人にとって、成長の機会は豊富に見つかるはずです。
今後、企業グループの成長と共にポジションも拡大していきますので、重要なポジションへの登用機会も少なくありません。
あなたの能力を存分に発揮してください!

M&Aによって今後も急成長していくことが予想されています。あなたの能力を存分に発揮してください。

経営管理部は事業貢献のチャンスが多い部署

直接部門(営業部門や製造部門)の成績は業績で評価できるが、経理・財務など間接部門の成績は業績で評価ができない、という先入観ありませんか?
仕事のボリュームや事務処理の速度、あるいは残業時間の長さなどで評価されたりしていませんか?

当社の考え方は違います。例えば、経理スタッフが作成した資料は、経営会議で重要な経営判断の材料となることがあります。
そのためデータの集計は一日でも早く、資料は少しでもわかりやすく精確に、という視点で仕事をすることが必要になります。
このように、経理スタッフの仕事が、経営陣の意思決定に影響を与えることがあり、業績に影響を与える可能性があるのですから、業績への貢献度で評価できるはずです。

また、特に経理・財務はお金の流れを的確に把握することができる部署です。
営業部門のように売上を増やすことはできないかもしれませんが、滞留している売掛金を減らす、不良在庫を処分する、キャッシュフローを改善して利息負担を減らす、など費用を減らすことで利益に貢献できるかもしれません。
当社の経営管理部は、事業貢献のチャンスがとても多い部署です!

ルーチンワークを早く終わらせ、空いた時間を使って新しい取り組みにチャレンジできるのが楽しみです。(経営管理部スタッフ)

PAGE TOP