ランドマーク税理士法人

相続特化の税理士法人として、業界トップクラスの成長率。お客様のランドマークとして、その名にふさわしい事務所になるため、新たな仲間を大募集しています!



  • 終礼風景



  • 丸の内オフィス入口



  • 定例セミナーや講師依頼など数多く行っています。

税制改正を踏まえ、大量増員!明日のプロフェッショナルを求めています。

資産をお持ちの方を対象として、相続・資産税の税務サービス・コンサルティングを行うことを目的に設立された当事務所。現在では、相続・資産税だけに限らず、広く一般法人の税務なども行っており、活動の幅は広がっています。売上も昨年比130%、相続・資産税の申告件数については昨年405件に到達いたしました。

なぜここまで多くのお客様からご支持いただけるのか。その秘密はスピード感にあります。相続税の申告までの期限は10ヶ月ありますが、当事務所では依頼を受けてから4ヶ月を目途に案件を完了できるよう、仕事を組み立てています。スピード感のある対応を行うことで、お客様がしっかり考えられる余裕を生み出しているのです。

相続税の改正・施行もあり、さらに当事務所の仕事は拡大すると予想されています。そこでしっかりとした基盤を固め、一人でも多くのお客様にスピーディーな対応を届ける体制を構築したいと考え、毎年継続的に定期採用を行っています。

資産税分野で日本一の事務所を目指し、2016年5月には新たに湘南台に新店舗をオープンしました。それに伴いスタッフ数も現在の143名からさらに増員を予定。成長意欲を持ち、活躍していただける方は、ポスト面や待遇面でもチャンスの事務所です。

明日のプロフェッショナルを目指そう、という意欲に溢れる方。
その一歩を、当法人で踏み出してみませんか?

代表社員 清田幸弘(税理士・行政書士)

本部長からのメッセージ/育成体制が整備され、成長の機会も多い職場です。

当事務所の特徴は、成長できる環境が整っているところです。

その一番大きい理由は、お客様が多いこと。早い段階から担当を持つことができ、実践を通して、数多くの経験を積むことが可能です。

また、成長をバックアップする体制もしっかり整備されています。担当を持った後も、放任するわけではありません。責任者、審理課、そして代表の清田と3回に分けてチェックを行います。経験の浅い方でも、安心して業務に取り組めることを実感していただけるでしょう。

さらにいつまでにどんなことをやらなければならないのか、一目でわかるチェック表なども完備。基本をしっかり押さえたうえで、あなたの個性を活かしたサービスを追求する。そんなスケジューリングを、経験の浅い方でも実現することが可能です。

業務以外でも、最新知識や現場で活きるスキルを学習する機会が多い職場だと考えています。ネット回線で全支店を結び、毎日朝礼を行っていますが、ここも貴重な学びの場です。スタッフから伝えられる、現場の報告や提案。自らが対応している案件以外で起こっている事例を知るのは、大変有意義なものです。また、自分で調べたことなども発表する機会がありますから、プレゼン能力を磨くこともできます。

こうした機会を活用し、ぜひ自らの成長に取り組んでください。早い人は、入社4年目で責任あるポジションに抜擢されることもあります。これを読んでいるあなたが、将来支店を任せている、ということもあるかもしれません!

成長できる機会が多い事務所です。意欲的な方は、積極的に採用していきます(本部長)

先輩インタビュー/目標を定め、自ら成長を望む気持ちが大事だと思っています。

入社4年目の社員

Q:入社の経緯について教えてください。
A:大学卒業後、資格取得を目指し専門学校で勉強を続けていました。2年間、試験に集中して取り組み、基礎が身についたと考え、就職を視野に入れた際、当社のホームページを見つけました。その中にあった、「日本一の事務所にする」という言葉が印象的でした。事務所としてすでに規模がありながら、挑戦していく姿勢が素晴らしいと感じました。

Q:未経験で入社して、不安などはありませんでしたか?
A:不思議なことに、不安はまったくありませんでした。もちろん入社して、厳しい面に直面したこともありました。しかし変な先入観がなかったからこそ、理想と現実のギャップなどとは無縁でした。

Q:最初はどのような業務を担当しましたか?
A:まずは様々なことを学ぶ、という感じでした。業務面では入社時期が12月だったため、すぐに確定申告などを担当しました。先輩と一緒にお客様を訪問し、話し方からお客様の特徴まで、間近で直接学ぶことができ、すごく勉強になりました。
また、当事務所はTKCをはじめとする外部研修や、朝礼でのケーススタディ、時には外部講師を呼んで勉強会を開くなど、様々な「学ぶ機会」があります。ただ、これらを漫然と参加するのではなく、わからないことがあれば自ら聞く、といった積極的に知識を得る姿勢を持つことが、より成長への大事なカギだと思っています。

Q:最後に、求職者に向けてメッセージをお願いします。
A:私自身、まだまだ足りないことが多く、自信もない状態です。それでも少しずつ、成長できているという実感を感じることができるようになりました。まずは基本を大切にし、その上で目標を定め、真摯に取り組んでほしいと思います。一緒にがんばっていきましょう!

相続・資産税の仕事は奥が深いので、すごくやりがいがあります。

PAGE TOP