株式会社リプライオリティ

5期連続、120%に及ぶ売上拡大!成長の勢いに富んだ企業が、IPOに向けた組織強化を目的とした採用を実施中です!



  • 三越前駅から徒歩3分!新常盤橋の交差点に面した、アクセス利便なオフィスでお待ちしています!



  • 福岡にある当社コールセンターです。電話やメールを通じて、現地の経理面でもサポートしてあげてください。



  • 東京本社で行われた忘年会の様子。年1回、福岡の社員とも一堂に会し、交流を深める機会も設けています。

取締役CFOよりメッセージ/IPOは目先の目標。その先にある、より良い組織作りへ!

通販企業さまをクライアントとし、その売上向上に結びつく、総合支援サービスを提供する。それが当社、リプライオリティのミッション。

1、全国2万6000店舗のスペースを活用したセールスプロモーション事業
2、ユーザーの本音を集約・分析するためのテレマーケティング事業
3、そこで集まったリアルな声を反映した、改善・進化に向けた提案事業
この3つのサイクルを高速化し、コストパフォーマンスの高い「売り上げに直結する」データ提示&提案で成果を最大化しています。

強力なテレマーケティング事業を主軸としながらも、「テスト→分析→提案→テスト」といった流れをワンストップかつ高速&高品質で提供できる当社。その実績から、多くのクライアントより厚い信頼を集めています。

当社売上も5期連続で120%もの拡大を実現。前期は売上15億円弱を築くことができました。品質を落とさない確かなサービス提供を重視しながら、組織力の向上を伴いながら着実な拡大成長を形にしています。

当社社長の中山は早い段階からIPOを視野に入れた、更なる発展へ強い思いを抱いていました。だからこそ、それが現実のものとして視界に入り、皆で準備を堅実に進める中で「管理部門の強化」も大いに重視しています。リプライオリティがより強く、魅力的な企業になるためにも「あなた」の力を切望しています。

IPOは「ゴール」ではありません。「クライアントへ向けた、より良いサービス提供ができる環境」と「社員がいっそう満足度高く働ける職場」の両面で、共に歩み、当社の未来を築いていける方との出会いを楽しみにしています。

取締役CFO 栗山信二(公認会計士)

直属のマネージャーより/ご入社後、あなたに辿っていただきたいキャリアビジョンは…

Q/新しくお迎えする方に期待することは?
A/リプライオリティはベンチャー企業として、常に成長と変化、改善を続けています。そのため「現状維持」はありえません。新しい取り組みも日々生まれてきますが、そうしたことに一緒に取り組んでくださる方を歓迎したいですね。今の業務をより良くするために、最善の策を考え、実行していきましょう!

Q/入社後は、どのような業務から始めるのでしょう?
A/これまで仕訳・入力が中心で経験を積まれた方なら、月次決算から学んでいきましょう。公認会計士でもある栗山さんや当社で管理部門を務めてきた私、あるいは同じ管理部門のメンバー、業務をアウトソースしている外注企業とも連携しながら、できることを着実に増やしてほしいと考えています。

Q/業務を通じて、将来に描けるキャリアビジョンは?
A/ゆくゆくは外部委託している、経理全般を内製化する。これが最初に目指していただく目標になります。その上でスキルや経験を培っていただき、将来的には経理の責任者として月次や年次・連結・四半期決算をはじめ、当社が目指すIPOに関連する業務やその先にある更なる組織成長に向けた予算や経営企画といった業務にも、共に取り組んでいけるようになってほしいと願っています。

Q/職場の雰囲気、リプライオリティの魅力は?
A/とにかく風通しの良さが自慢です!社内はフリーアドレス制を採用しており、経理も営業と同じ島で働きます。組織自体がまだまだ変化・成長の只中にありますから、他部署とも密な情報交換ができ、連動して動けることが大事だと考えています。

管理部マネージャー 山野邊あすか

先輩インタビュー/2016年9月に入社した、同じ管理部門の先輩にお話を伺いました!

Q/ご入社の経緯は?
A/以前も総務経理で勤めていたのですが、そこはすでに管理体制がカッチリと固まっている企業でした。もっと自由度高く、自分も一緒になって新しい体制をつくっていく。そんな働き方に憧れていた際、出会ったのがリプライオリティでした。

Q/現在、携わっている業務は?
A/東京本社・福岡支社・関連子会社など、全社の労務管理を中心に携わっています。福岡のコールセンターには約300名弱のスタッフさんがいるのですが、現地の管理スタッフとも連携しながら、社内の労務管理フローなども少しずつ構築しています。

Q/大変なこともありましたか?
A/現地の担当は他の業務も並行して務めているので、距離の問題もあってなかなか「こちらの優先度」と「あちらの優先度」の折り合いをつけるのが難しかったですね。ですが、福岡支社全体に要求の声掛けをすることで、現地担当者の手を開けてもらったりと、工夫して改善することができました。

Q/実際に携わって感じる「仕事の充実感」は?
A/単に手を動かすだけではなく、ものすごく頭を使って毎日の仕事に臨んでいます。先ほどお話ししたように、それはとても大変なこともあります。ですが、新しいフローができあがったり、それを多くの同僚から感謝されたり…。自分のやっていることが、一つひとつ「形となり、実になっている!」という実感も強く、当社へ飛び込んで本当によかったと感じています!

Q/どんな方と一緒に働きたいですか?
A/今回お迎えする方は経理の方なので、業務内容は違っても同じ管理部門のメンバー同士ですよね?お互いに相談したり、情報交換したり、協力・連動したりしながら、より良い体制を一緒につくっていきたいですね!

管理部人事・総務 小林雅子さん(写真右)

PAGE TOP