税理士法人報徳事務所

人との繋がりを大切に、自己を高める働き方。そこから、本当の意味での充実した人生を実現させてみませんか?



  • 理念を大切にし、お客様に本当に喜ばれるサービスを提供している当社です。



  • 新しくご入社いただいた方を、社員皆がバックアップし、一人前のスペシャリストに育てます。



  • 経営に関する様々なセミナーを開催することも多く、多くのお客様に参加いただいています。

先輩からのメッセージ/責任感を持って仕事に取り組む事が、信頼の基本です。

中山裕康さん

報徳事務所では、まじめにやれば成長し、キャリアがついてきます。
有資格者も多く、税理士4名・公認会計士2名・中小企業診断士1名、その他行政書士・AFP・財務金融アドバイザーなども在籍しています。

そのため携われる業務の幅も非常に広い点が特徴的です。
基本的な税務・会計業務に加え、経営計画支援、経理業務効率化支援、事業承継対策の立案・相談、社内システム(インフラ)の整備など…。様々なご相談が寄せられ、そこへ専門家として確かな貢献を続けることで信頼を培ってきた事務所です。スタッフにとっても、多彩なキャリアを磨き、自らを高める機会が豊富だと感じられるでしょう。

まずは知識を身につけ、スキルを磨き、徐々に成長を目指してください。
そのための応援は、しっかりとしていきたいですね。

ただ、新しくご入社いただく方にお願いしたいのが「仕事に責任感を持つ」ということです。私たちはお客様に、税務会計サービスを提供することが仕事です。しかし、どんなに知識やスキルを持っていたとしても、「お客様に真摯に向き合う」という姿勢がなければ役に立ちません。

そのためにもまず、「自分の仕事は何か」そして「果たすべき役割は何なのか」を考え、その仕事に責任感を持つことが大切です。

そうした姿勢で仕事に取り組む事ができればお客様から、そして周りの仲間から信頼を得ることができるでしょう。

お客様から信頼され「ありがとう」と言ってもらえる。これほどやりがいのある仕事は、他にはありません。/中山裕康さん

先輩インタビュー/仕事の意味を考えた時、報徳事務所と巡り合えました。

茂田雄介さん

Q/ご入社の経緯についてお教えください。
A/大学を卒業後、外資系損害保険の会社で働いていました。そんなある日、サブプライムローン問題に端を発した世界的な金融危機が起きました。それを機に私の中で、「会社とは何か?利益・損失とは何か?」を考えるようになったのです。自然と会社の根本である会計に強い興味を持つようになり、会計を通して会社経営に携われる仕事をしたいと考えるように。そんなとき、出会ったのが報徳事務所でした。

Q/入社を決めたポイントは何でしたか?
A/大きなポイントとなったのが、しっかりとした価値観を持った事務所であったことです。さらに時代や環境の変化に対して積極的な姿勢は印象的でした。この方向性と、私自身の成長が重なるイメージを持ち、入社を決めました。

Q/現在はどのような仕事を担当していますか?
A/中小企業や中堅企業のお客様に対し、会計・税務を通して経営支援を行っています。まだまだ足りない部分は多いと感じていますが、少しずつお客様から感謝の言葉をいただけるようになり、成長への手応えを感じられるようになりました。

Q/最後に、後輩となる方へメッセージをお願いします。
A/研修への積極的な参加が推奨されるなど、知識を身につける環境が整っています。そのため、私のように異業種から転職してきた人も、着実にステップを踏みながら成長できます。
特に「自ら進んで様々な業務にチャレンジしよう」という姿勢を持った人は、非常に歓迎される社風です。意欲的に仕事に取り組み、成長したい。そのようにお考えの方は、ぜひご応募いただきたいですね。

異業種からの転職し、少しずつですが成長を実感しています/茂田雄介さん

先輩インタビュー/学ぶことも多く、成長への実感や、やりがいを感じられる職場です。

奥貫翔太さん

Q/ご入社の経緯をお教えください。
A/新卒で入社し、まだ3ヶ月。日商簿記2級を持っており、資格を活かせる仕事ということで、会計業界を志望しました。様々な事務所の面接を受ける中、報徳事務所は面接をしていただいた方や、話を聞かせていただいた方など、社員の人柄に惹かれ、入社を決めました。

Q/現在の働き方について教えてください。
A/まだ入社して間もないので、研修や先輩に同行してお客様先を訪問しています。正直、戸惑うことも少なくありません。覚えることも多くて大変です。でも、当法人は働く環境として、すごく体制や環境が整っていると思います。外部研修などで知識を身につけられる機会も多く、着実に知識を身につけられると感じています。

Q/社内の雰囲気について教えてください。
A/オン・オフをしっかり切り分けている人が多いと思います。仕事中は集中し、休憩時間には気軽に雑談するなど、メリハリがあります。
また、先輩たちを見ていて、責任を持って仕事に取り組めば、自由度は非常に高いと感じます。実際、子供の都合で休暇を取得している先輩など、家庭・子育てと仕事をうまく両立している人も多いです。時間をうまくやりくりできるので、税理士試験を目指して勉強している人も多く、とても刺激を受けます。

Q/後輩となる方にメッセージをお願いします。
A/この仕事は直接会社の経営者の方々とお話しをすることができます。私はまだまだ知識も足りず、緊張してしまいますが…。それでも「やりがい」のある仕事であることを、日々実感できています。そんな仕事をしたい方に、ピッタリな仕事だと思います。

先輩から知識だけでなく、仕事に対する責任感なども学べます。/奥貫翔太さん(写真左)

PAGE TOP