税理士法人グランサーズ

将来に向けて教育体制を整備。しっかりステップアップを踏みながら、成長できる環境を目指しています。



  • 着実に成長を続け、今年の8月にはオフィスを移転。さらに働きやすい事務所となりました。



  • 知識も経験も豊富な先輩が、しっかり後輩を指導。教育には力を入れています!



  • 日本一の事務所を目指す、この意識を一人ひとりが持ち、事務所作りに参加しています。

サービス業としての意識を徹底させることで、お客様から支持を集めています。

2010年に開業した当事務所。
一昨年には法人化を行い、今年8月に事務所を移転。
仕事に集中できる快適なオフィスとなりました。
ただ、ここに至るまでずっと順調だったわけではありません。

代表の筧智家至は元々大手の監査法人で経験を積み、30代前半でチームのリーダーに。
しかし筧が会計人を志したきっかけは、中小企業の経営を助けることで、世の中を変えていく、というもの。
監査が中心の監査法人では、この志を実現できないと考え、独立・開業したのが当事務所でした。

ゼロからの出発であったため、最初はお客様も少なく、苦労もありました。
しかし、「お客様に満足してもらえるか」「不安を解消できているか」をしっかりと意識したサービスを提供することで、徐々に信頼を獲得。
その結果、徐々にお客様からの支持を集めることができました。
現在では、月10件ほどのペースで、新たなお客様からご契約をいただくまでに成長することが出来たのです。

この経験から、当事務所では「挑戦」を大切にしています。
新たな環境で、新たなチャレンジをしたい。
そのような方の意欲をしっかり評価し、積極的に採用していきたいと考えています。

一度の人生、チャレンジを恐れず、一歩を踏み出したいですね。/代表社員 筧智家至(公認会計士・税理士)

事務所が成長する今だからこそ、教育に力を入れていきたい。

今回、募集を行う理由の一つが「教育体制の整備」です。

グランサーズの顧問先は中小企業だけでなく、上場企業やIPOを目指している企業も多く、複雑な相談を寄せられることも多くあります。そうした業務に対応できるよう教育を行うためには、しっかりと時間をかけなければなりません。そこで新たに募集を行い、人材に余裕を作ることで、しっかりと教育に比重を置いた社内体制を作りたいと考えています。

ご入社いただきましたら、まずはチームに入って、一般的な税務業務からスタートしていただきます。所内で週に1度のペースで開かれる勉強会等を活用していただき、知識と経験を身につけてください。その後はスキルが身についてきた段階で、徐々に規模の大きなお客様や、高度なスキルが要求される業務もお任せしていきたいと考えています。

こうした専門性の高いスキルを身に着けるために必要なこと。
それは、プロフェッショナルという意識を持って、能動的に動くことです。

教育環境は整えています。ただ、それをどう活かすかはあなた次第です。自分から、こんなスキルを身に着けたい、そのために今どのよう動くべきかを考え、実行していくことが求められるとお考えください。

こうした姿勢で仕事に取り組むことができる方は、内部統制やIPO支援、管理会計アドバイザリー業務、など他ではなかなか得られないスキルを身に着けることができますよ。

所内全体でのミーティングの他、チームごとの勉強会なども随時行われ、ノウハウを共有しています。

転職して仕事の幅が大きく広がりました/秋山紗紀さん(4科目合格)

Q/入社の経緯について教えてください。
A/大学院を卒業後、資格取得のために専門学校で勉強していました。同時に会計事務所でアルバイトをしていたのですが、会計データの入力がメインで、ほぼ所内での業務だけでした。将来のためにはいろいろな仕事を覚えたいと考えていたので転職活動を開始。グランサーズに巡り合いました。

Q/転職活動で重視したポイントを教えてください。
A/重視したのは「事務所の規模」でした。大きな規模の事務所では分業制になっているため、得られる経験の幅が狭くなってしまうという話を伺ったことがあり、目標としている独立開業には遠回りになってしまうと感じました。そこで30名以下の規模の事務所に絞って、幅広い業務に挑戦できる環境を探しました。

Q/実際に転職して、仕事の幅は広がりましたか?
A/ほぼ、思った通りの働き方ができていると思います。法人や個人、そして相続と、バランスよく担当させてもらっています。また当法人は現在、所内体制を整えている段階です。組織作りを間近で見ることができるのは、かなり貴重な経験ではないでしょうか。完成した組織を見るより、一緒になって組織を作っていくのは、将来にとって大きな財産になると思います。

Q/今後の目標があれば教えてください。
A/一般的な税務会計のサービスを提供するだけの知識は身につけることができました。ただ、それをどう活かしてお客様の経営を良くしていくか、は経験をたくさん積まなければなりません。しっかりと効果のある提案をするためには、まだまだ学ばなければならないことが多いと思っています。今後はさらに知識を深め、プラスアルファの価値が提案できるスペシャリストを目指したいですね。

平均年齢も31歳と非常に若いので、所内も明るくとても活気がありますよ。/秋山紗紀さん

PAGE TOP