FUJITA税理士法人

札幌・東京で拡大を続ける税理士法人で、経営感覚を持ち合わせた税務プロフェッショナルを目指しませんか?



  • 昨年開設した東京オフィスでは、首都圏の富裕層へ不動産投資サービスを展開。着実に成長を重ねています。



  • 若手が多い職場です。あなたの経験値はもちろん、ポテンシャルも最大限に活かせる環境だと思いますよ。



  • 見通しの良い札幌オフィス。互いに協力しながら、何でも相談しあえる風土も魅力です。

藤田代表より/可能性に満ちた札幌という地で、共に成長をしていきましょう!

札幌を中心に道内に広く顧問先を拡大。今日も尚、文字通り成長・進化を続けている税理士法人です。お客様や社会のニーズをしっかりと見つめ、ブルーオーシャンを狙って戦略的に組織の成長へ取り組んできました。

弊社グループの中核は税理士法人ですので、もちろんレベルの高い税務サービスを提供することは大前提ですし、同業他社と差別化を図れるまで徹底して追及していきます。一方で、我々は中小企業経営者にとって一番身近な相談相手ですが、お客様の悩みは多岐に渡ります。我々は税理士の枠を超えて、お客様のニーズを感じ取り、様々な情報提供等を通じてお客様の悩みを解決することができる立場にいます。今では社労士・行政書士事務所・WEB制作会社をグループに持って色んな角度からお客様の経営をサポートしています。
また、海外展開をお考えの経営者を対象とした、フィリピンマニラやタイバンコクの視察ツアーを企画・開催もしてきました。

今後の税理士業界は先行きが暗いと言われていますが、やり方によってはまだまだ大きな可能性があると感じています。価値の高いサービス提供を通じて日本の中小企業を元気にしたいという高い志を持った方からのご募集をお待ちしています!まずは気軽にご飯でも行きましょう。

代表社員 藤田賢

先輩スタッフインタビュー/他では得られない成長を獲得できる職場です!

Q/どんな業務を担当していますか?また、その中で印象に残っている業務などあればお教えください。
A/監査担当者とマネージャー(チームの運営・管理)をしています。また、ある節税に特化した特殊業務も行っています。最近では海外視察ツアーの下見としてバンコクへ出張に行き、現地法人の日本人社長のお話を聞く等、バンコクの経済状況を目の当たりにすることができました。普通の会計事務所に勤務していたら絶対に体験できない経験をさせていただけたと感じています。

Q/業務を通じて得られる充実感は、どんなところに感じますか?
A/新規で契約するお客様が多く、また成長・拡大する企業様も多いので、様々なお客様のビジネスを見ることができます。また、相続や事業承継案件も定期的にあるため、経験できる幅は相当広いと思います。
仕事の中で重要なのが、会計事務所としての“提案”であり、そこに当法人は力を入れていますので、「提案力」が着実に身につきますね。その結果、お客様に必要とされる存在となり、感謝されたときには特にやりがいを感じます。

Q/成長を実感するのは、どんなところですか?
A/入社して一番伸びたと感じるのは「調べる能力」です。
以前は人に聞いて、ネットで調べて…なんてことが多かったですが、当法人では一人一冊「税務六法」を持つよう指導されています。根拠条文ではどうなっているのか、過去に裁判事例はないのか等、根拠から自分で答えを出せるようになりました。もちろん調べ方は教えますよ!
今後は税務知識のみならず、コンサルティング能力をアップさせ、経営面でもより深いアドバイスができるように成長していきたいです。

Q/どんな方と一緒に働きたいですか?
A/会社運営で一番重要なのは、そこで働く「ヒト」だと思います。
知識やスキルはもちろん大切です。ですが、「ヒト」が良いことを一番重視したいですね。これは難しいことはなく、「元気な挨拶ができる」「いつもニコニコしている」「ウソはつかない」「積極的である」などです。朝出勤して元気に「おはようございますっ!」って挨拶されるだけで、こちらもモチベーションが上がりますからね!

代表からスタッフ一人ひとりまで、皆の距離が近く、何でも相談できる雰囲気も魅力です!/福田陽介さん(入社4年目)

快適に働ける環境づくりにも余念はありません!

スタッフたちが長く満足度高く働いてもらえるためにも、そうした環境づくりも非常に大事だと考えています。スタッフたちがハッピーに過ごしてもらえる。その上で、イキイキと仕事へ励んでもらえる。そんな環境でありたいと考え、様々に制度や福利厚生も整備してきました。

例えば、昨今話題に上りやすい「残業時間の削減」もその一つです。
残業が増え、仕事がつらくなり、朝「仕事に行きたくない…」なんて感じられたら。これほど悲しいことはありません。現在、当法人の残業時間は月平均20時間程度。業務の効率化なども進め、もっと削減したいと思っています。「短時間で高給を!」が難しいのは確かですが、必ず実現できると思っています。

高給…といえば給与も大事なポイントですね。
当法人では毎年の昇給や、年2回の賞与といった「評価&還元」の場も大事にしてきました。所内で着実にできることを増やしてもらえれば、数年でひとかどの収入を得ることもけっして難しくありません。

また、今年から試験的にフレックスタイム制も導入。来年の本格導入に向けて、スタッフの声にも耳を傾けながら、より働きやすく自由度の高い職場づくりを進めています。これ以外にも東京から講師を招いての所内研修、あるいはプライベートも充実させてほしいとの思いから作った「誕生日休暇」「プライベート旅費補助制度」、または所内に設置した「トレーニングジム」など!

世の中が変わっているのに、税理士法人が変わらないのはおかしなことです。業界や組織も変わっていく。その一環として、所内の労働環境も良くしていきたいと思っています。

東京五輪の際には、ご家族も含めてスタッフ全員を招待したいと計画中です!

PAGE TOP