パートナーズ綜合税理士法人/株式会社パートナーズ・コンサルティング

税務・会計・相続・組織再編等の業務をお任せできる方を募集いたします!



  • 京橋駅から徒歩3分。東京駅も徒歩圏内です。同ビル最上階にオフィスがあるため東京駅周辺を一望できます。



  • 仕切りのない、広々と見渡しの良いオフィス。ここで多くの先輩が活躍しています。



  • あなたが新たな環境でもイキイキと働けるよう、皆がサポートします。安心してご応募ください。

先輩インタビュー/幅広い業務に携わりたい、と転職活動を決意しました。

Q/転職の経緯からお教えください。
A/以前は30名規模の会計事務所に勤めていたのですが、お客様は外資系が中心でした。そのため専門性の高い業務経験を積むことができる反面、関わることができる分野は限られてしまっていました。そこで、もっと色々な業務に携わりたいと思い、転職活動を開始、その中で出会った当法人に入社を決めました。

Q/転職活動ではどんなポイントを重視しましたか?
A/一つは、ある程度の規模がある、ということです。様々な業務を経験したいと思っていたので、それなりのキャパシティのある会計事務所でなければ、と考えました。
その条件で転職活動を行いましたが、中でも当法人に入社する決め手となったのは面接をしていただいた方の対応でした。入社して一緒に働くようになっても、マネージャークラスの方は皆さん「お客様に対する対応がすごいな」と驚くことが多いですね。

Q/実際に入社されて、転職活動の際の思いは実現できていますか?
A/上場企業から個人事業主まで、幅広いお客様を担当させていただくことができています。また、スポット的な業務も多く、相続や承継コンサルティングなども任せていただくことが増えてきました。
難しい部分もありますが、当法人には様々な専門性を持った先輩・仲間が在籍しています。自分からどんどん聞くことで、知識の幅も広がりました。今は仕事に大きな充実感を感じて働けています。

サポート体制はありますが、まずは責任感を持って仕事に取り組む姿勢が求められる職場ですね。/山根晋平さん(入社2年目)

先輩からのメッセージ/成長を後押ししてくれる環境が整っています。

大学を卒業後、税理士試験に専念。試験が一段落したので、就職活動を行いました。その中で当社に入社を決めた理由。それは面接をしていただいた方の「人柄」でした。面接の際、「将来、こんな仕事を経験したい」と希望をお話ししたところ、「手を上げれば、どんな仕事でもできるよ」と、具体的な先輩方の例をあげて丁寧に説明していただけました。

丁寧に対応してくださる先輩で会社を選んだことは、正解だったな。
今考えても、そう強く思います。

私は実務経験ゼロの状態だったので、最初はわからないこともたくさんありました。もちろん最初はしっかり研修をしてくれます。社会人としてのマナーを外部研修で学んだ後、申告書の作成の仕方などを教えてもらいました。また、入社時の研修意外にも、随時勉強会も開かれるので、知識は少しずつ、着実に身につけることができました。

しかし実務は研修とは違います。やってみてわからないこともたくさん出てきます。そうした時、若いスタッフも多いので、「仲間」という感覚で質問しやすいのがありがたかったですね。それに加えて、社内に豊富なデータの蓄積があることも、すごく勉強になっています。

当社では、単に数字を作って終わりではなく、お客様に様々な提案を行っています。どんな提案をするのか、については自由度が高い分、迷うことも。そうした時、これまで当社がお客様に提案してきた、過去の事例が豊富にあることはありがたいですね。それを見ることで、自分が思いつかなかったことに気づくことができることも。さらにその提案を行った先輩に、直接質問することもできます。

仕事を通して成長したい方にとっては、魅力ある職場だと思いますよ!

事務所に蓄積されたノウハウが豊富なので、仕事への自由度が高く、幅広い案件に携わることができています。/冨永恭正さん(入社3年目)

「ESなくしてCSなし」という考え方の組織です。

私たちは組織の成り立ちをこう考えています。…事務所のネームバリューに依頼があってスタッフに仕事を回すのではない。スタッフ個々人が担当のお客様に対しそれぞれのやり方でベストを尽くし、感謝、信頼され、その集合体として事務所が評価される。つまり、スタッフ一人ひとりが主人公であり、事務所はあくまでバックアップ役という位置づけです。

お客様と「人間的な信頼関係を結ぶ」とはどういうことでしょう?顧問業務に要求される一定のパフォーマンスを果たしたその先…「人柄」であったり「コミュニケーションの取り方」といった抽象的な要素によって、信頼されるか否かが決まります。言い換えれば「お客様に好かれる」ということなのですが、それを教えてくれるマニュアルはありません。基本は、「顧客が何を求めているかを“自分で感じ取って”自発的に行動する」。すべてはここからはじまるのです。

そうした“自主性”“自分で考える力”を育むために、私たちの事務所ではスタッフの行動を規制するようなルールを最小限に抑えています。数値的なノルマはありませんし、裁量権も広く与え、評価もあくまで「プラス評価」の見方で行います。個々人の成長があってはじめて事務所が発展し、お客様との信頼関係が強固になる。これが「ESなくしてCSなし」という私たちの基本姿勢。ESとはEmployee Satisfaction=従業員満足度という意味なのです。

是非、当法人に足を運んで頂き、肌で感じて取って頂ければと思いいます。
ご応募お待ちしております!

相手との信頼関係が先。知識は後から学べばいいのです。/代表取締役:中尾 健(公認会計士・税理士)

PAGE TOP