基本的な知識と経験さえあれば、今よりも成長ができる環境です。「スタッフありきの事務所」という考えで、従業員満足度を高めるため日々環境整備に注力しています。
今までの経験を活かしながら、やりがいを感じられる職場です。「会計事務所で働いてみたい!」そういった思いをお持ちの方、ぜひ一度ご応募ください!
神奈川県川崎市中原区木月大町10-23リバーサイド武蔵小杉302
東急東横線『元住吉駅』、各線『武蔵小杉駅』
会計事務所・税理士法人

企業情報

メッセージ

  • 税務の知識よりもあなたの経験を評価したいと考えています。/所長:宮崎雅大
    基本的な知識と経験さえあれば、今よりも成長ができる環境です。「スタッフありきの事務所」という考えで、従業員満足度を高めるため日々環境整備に注力しています。
    PRポイント
    • 分煙・禁煙オフィス
    • 私服・オフィスカジュアルOK
    • 設立5年以内
    • 従業員の3割以上が女性
    PRポイント
    • 分煙・禁煙オフィス
    • 私服・オフィスカジュアルOK
    • 設立5年以内
    • 従業員の3割以上が女性

    今回は採用を通じて、所長やスタッフと一緒に事務所の成長に協力していただける方を募集します。

    知識や経験を活かしつつ、もう一度事務所で働いてみたい方。

    勉強と両立しながら経験を積みたい方。奮ってご応募ください。


    【活きる会計人を目指してほしいと考えてます】

    『メンバーが、会計人として長く活動できる職場』それが宮崎税理士事務所が目指す事務所のあり方です。

    ルーチンワークだけではなく、知識も身につける機会も作り、スタッフの成長にもつながればと考えています。

    そのためにもスタッフがスキルアップできる環境整備を行い、当事務所で経験を積める環境を、整えている真っ最中です。

    使い捨ての駒のような考えではなく、所長の代わりに働いてくださるスタッフのためにも事業は何十年後も継続していきたい。

    そのように考えています。


    【お任せする仕事】

    税務会計スタッフは、税理士補助業務を行いつつ、将来的にはスタッフを取りまとめるマネジメント業務へも挑戦できるポジションです。税理士補助スタッフには、仕訳入力などの内勤業務を中心に行っていただき、徐々に所内業務に慣れていただければと思います。


    また、スタッフ一人ひとりの「強み」に合わせた業務をお任せするつもりです。必要な仕事のみではなく、自分の成長ややりがいにもつながる業務にもぜひ挑戦してみてください。


    【宮崎税理士事務所とは?】

    比較的業務効率を考えた、事務所運営を実施。

    クラウド会計もそうですが、新しい仕組みはどんどん取り入れられればと考えています。


    【今後もスタッフが働きやすい環境を整えていきます】

    大幅なエリア拡大は今のところ望んではいません。それよりもスタッフが働きやすい環境を整えることを第一に考え、今の事務所周辺で大きなオフィスを構えられればと思っています。


    スタッフが働きやすい職場。それは所長自身の身の丈に合ったお客様にサービスを提供することが肝要です。大企業や売上規模が数百億のお客様ばかりでは、『スタッフの成長の機会』を作れません。子育て中のメンバーもいるため、「会計業界での経験を活かして、仕事がしたい」という思いに応えられるような、会計事務所にしていきたいですね。


    将来、事務所が拡大した際には、あなたの「強み」も活かした組織になりたいと考えています。だからこそこれまで闇雲な拡大ではなく、働いているスタッフ全員が働きやすい職場づくりを目指してきました。その土台作りを一緒に行っていただければ、うれしいです。

    ご連絡、お待ちしています!


企業概要

所在地211-0031
神奈川県川崎市中原区木月大町10-23リバーサイド武蔵小杉302
電話番号
044-863-8469
E-Mail
URL
代表者
所長 宮崎雅大
設立年月
2016年
従業員数
8名(男性2名/女性6名)
業種
会計事務所・税理士法人
事業内容

税金・申告業務(決算書の作成(法人)、個人事業主の確定申告、節税対策、事業承継など)、資金調達、経営アドバイザリー業務、記帳代行業務、講師派遣など

メッセージ

メッセージ

  • 子育て中の方も働きやすい環境で、産休実績も!急な早退や休暇にも柔軟に対応します。

    【所長:宮崎先生よりメッセージ】

    「会計人として活き続けられるように、がんばりましょう」。これは私が面接の時に言っている言葉です。この言葉には「数字に違和感を持つ会計人」になってほしいという意味が込められています。仕訳を1つずつただ見ていくのではなく、残高を見るだけで何か感じられるようになってほしいです。違和感を持たなければただの作業になってしまい、仕事の面白みがなくなってしまうと考えています。


    そして、今回の募集は『パソコンや、新しい仕組みに抵抗のない方』を募集中です。その理由はパソコンの操作でつまづいてしまうと、仕事の面白さにつながりづらくなってしまうから。また、今後クラウド会計が発展することにより、「作業」はAIに取って代わられます。だからこそただ「作業」をするだけではなく、「仕事」としてお客様に向き合える人材になってほしい。それが私の願いです。


    税金計算をただ黙々とするのではなく、管理会計などのスキルをそこにプラスするだけで、お客様への適切な助言に繋がっていくと考えます。だからこそ私たちと一緒に、「数字を見る技術」を磨いていきましょう。


    会計ソフトとExcelは似ていると思っていて。どちらも本当の目的はただ数字を打ち込むことではありません。「その数字が正しいかどうか」を見極めが大切だと私は考えます。「作業」も大切ですが、「問題点のチェックする勘」もより一層大切です。


    数字の問題点に気づくような会計人として、事務所・スタッフ・そして私と一緒に経験を積んでいきませんか?