現在、募集はしておりません。

中国系企業の日本進出や投資サポートなど、「インバウンド・不動産」を強みに成長中のニッチな事務所です。今後、会計業界でご自身の「強み」を身につけていきたい方を歓迎いたします!

港区赤坂にあるオフィスは、『赤坂見附駅』徒歩1分と好アクセス。
所内にも中国人スタッフが在籍し、互いに協力しながら皆のびのび働いています。

今回は、事務所の将来の法人化を見据え、組織力強化のための増員採用です。
これまで培ってきたスキルをベースに、多彩な業務に挑戦してみませんか?

東京都港区赤坂3-2-2 日総第24ビル6階
東京メトロ銀座線・丸ノ内線『赤坂見附駅』、東京メトロ千代田線『赤坂駅』、東京メトロ半蔵門線『永田町駅』、東京メトロ有楽町線・南北線『永田町駅』
会計事務所・税理士法人

企業情報

メッセージ

  • 定時は10:30~17:30、ゆとりをもって働ける「実働6時間」に設定しています。仕事内容や報酬面でも、希望されるキャリアをぜひ面接にてお聞かせください。

    PRポイント
    • 駅から徒歩5分以内
    • 有給休暇消化率80%以上
    • 分煙・禁煙オフィス
    • 私服・オフィスカジュアルOK
    • 残業削減の推進オフィス
    • 女性も活躍中

    【加藤事務所の特徴は…中華系企業の顧問先が多い!】
    中国本土や香港、台湾、シンガポールをはじめとする東南アジア諸国など。こうした国から日本進出される企業に対してのインバウンド業務は、税務会計業界でもまだまだ未着手な部分が多く、「ブルーオーシャン」と呼ばれる分野です。
    同時に、その広大なマーケットは世界の動向を変える力をもっています。当事務所では「爆買い」などの言葉が一般化する、はるか以前から「中国」に着目。国内企業の税務会計顧問や海外進出支援に加えて、中華系企業の東京進出支援や、非居住者の不動産投資に関わる税務会計サポートといったサービスを特に強みとし、多くの企業・経営者からの信頼を集めうる実績を積み上げてきました。

    【今回の募集について】
    当事務所としても「これから」を見据え、上述の通り、可能性の大きな市場へ今後も注力し、これまで以上に活躍の場を広げたいと考えています。そのためにも、まずは事務所自体の組織力を高めることが肝要!ということで、今後事務所と一緒に成長し、共にさらなるサービス拡充を進めてくださる新たなメンバーを募集することになりました。

    『税理士』『科目合格者』
    マネージャー税理士と共に顧客対応や、既存の中国人スタッフ4名のマネジメントを中心に携わっていただきたいと考えております。ベーシックな法人税務のご経験をお持ちの方であれば、国際税務や不動産税務のご経験は不問です。

    『公認会計士』
    既に会計事務所での経験をお持ちの方はもちろん、監査法人等在籍で、これから税務の分野でのキャリアを築いていきたいという未経験の方も大歓迎です。将来的には幹部候補としてのご活躍を期待しています。

    『税理士(中国系クライアント担当)』
    中国系のクライアントを担当いただくポジションとして、語学力がある税理士の方(中国語ネイティブの方大歓迎)を対象とした採用です。資格・経験を活かし、幅広くご活躍いただきたいと考えております。

    いずれも、データを基に、お客様の経営計画策定を支援したり、寄せられるご相談に回答し、ご要望に応えられる提案を行う。そんな、より専門家らしい業務に注力していただけるポジションです。

    また、組織再編支援やSPC(非居住者向け)の業務、インバウンド企業の消費税還付(輸出免税)業務など、他所では少ない株式公開(IPO)支援案件も多く取り扱っています。これまでの経験を基に、特色ある業務にチャレンジすることで税理士としての付加価値を身につけたい方、成長志向の方にとっては、どんどん力の付く環境です!ぜひ、興味・関心を広く持ち、前向きに取り組んでほしいですね!

企業概要

所在地107-0052
東京都港区赤坂3-2-2 日総第24ビル6階
企業URL
代表者名
代表 加藤一志(公認会計士・税理士)
設立年月日
1999年11月
従業員数
7名(男性3名/女性4名)
業種
会計事務所・税理士法人
事業内容

組織再編(会社分割)支援
事業承継対策支援
株式公開(IPO)支援
中国現地法人(子会社)に対する買収調査DD報告書作成、事業再生案(スキーム)策定
日本法人(子会社)設立 、運営管理支援
納税管理人、親会社向け月次報告サポート(中国人スタッフによる中文報告)
対中国輸出企業様向け月次消費税還付サポート、税務調査対応
不動産SPC組成、管理法人(合同会社)設立 など

メッセージ

メッセージ

  • 【先輩インタビュー】
    マネージャー 保川寛和さん(2012年入所/税理士)

    Q/ご入社の経緯は?
    A/以前は飲食店の管理部門に勤務しながら税理士の勉強をしていたのですが、資格取得にめどがついた時点で、会計業界への転職を決意。
    小規模で、幅広い業務分野に携われそうだった点に加えて、当時から中国をターゲットを据えたさまざまなサービス展開にチャレンジしていた点にも、他とは違う面白さや先見性を感じ、入所を希望しました。

    Q/実際に仕事に携わってみていかがでしたか?
    A/希望していた通り、実に多彩な経験を積めています。請求書の作成から、金融機関への融資交渉への同行、SPCの代表までやらせていただきました。顧問先の規模面も大小さまざまですから、小規模な企業には雑談からニーズを引き出し、大企業であれば、税務面や会計のコンサルティングを行うなど幅広く対応する中で力をつけることができました。

    また、中国系の案件で非居住者の融資を成功に導いた際は、珍しいオーダーで成果を出せたことが自信に繋がり、達成感も忘れがたいものがありました。他国の方の日本人にはない感覚に触れられるのも面白く、せっかく培った知識スキルは、国内だけに絞って使うのは私はもったいないと感じています。

    Q/求職者へ向けたメッセージをお願いします!
    A/当事務所は他でなかなか挑戦できないような業務経験を積めるチャンスが大きく広がっているので、将来的に、税理士としての「強み」を作っていきたいと考える方には、おススメしたい職場です。ご入社後は、OJTを通じて徐々に仕事の幅を広げられますし、私も経験などを踏まえてサポートしたいと思っています!