群馬県前橋市で地域経済をサポートする税理士法人が幅広く人材を募集!残業は少なく有休取得率はほぼ100%、報酬は都心と比較しても遜色なし。UターンやIターンの方も歓迎です!

群馬県前橋市にオフィスを構える当法人は設立からまだ日は浅いものの、経験豊富な代表の下で堅実に業績を拡大中。将来を見据えて税理士から入力スタッフまで幅広い人材を募集いたします。
現在もご紹介で新規顧客は増えていますが、税理士を変えようというお客様は何か悩みや不安を抱えているもの。時にはお客様が自覚していないそれらをコミュニケーションで言語化する。そうした働き方をしてみたい方、得意とする方をお待ちしております。

群馬県前橋市南町3-35-1
JR両毛線『前橋駅』
会計事務所・税理士法人

企業情報

メッセージ

  • 前橋駅より徒歩3分。明るい雰囲気の中、正確・迅速な業務を皆で協力して生み出しています。

    分業制の導入で専門知識を生かした働き方を実現。資産税業務などでキャリアの幅を広げるチャンスもあり、可能性は無限大です!

    PRポイント
    • 駅から徒歩5分以内
    • 有給休暇消化率80%以上
    • 分煙・禁煙オフィス
    • 私服・オフィスカジュアルOK
    • 残業削減の推進オフィス
    • 女性も活躍中
    • 女性管理職の実績あり
    • IT化・業務効率化へ注力

    あおば税理士法人は群馬県前橋市を拠点とし、その近隣を含めた地域経済の発展をサポートしています。特に注力しているのは中小企業の黒字化支援、財務経営力の強化支援など。お客様のニーズに最適なサービス提供を心掛けており、そのさらなる発展へ向けて新たな人材を募集することにいたしました。

    【分業制だからこそ専門的な業務に専念できます!】
    今回は「税理士/巡回監査担当/内勤入力スタッフ」3職種の正社員を募集します。税理士および巡回監査担当は税務会計、決算に関する業務、税務申告書への書面添付、自計化システムの導入支援、経営計画の策定支援などがメイン業務。希望に応じて資産譲渡・贈与・相続の事前対策といった業務に携わるチャンスもあり、プロフェッショナルとしてキャリアの幅を広げられます。

    当法人の監査担当には金融等の異業種からの転職組も多いので、税務会計は未経験という方でもご安心ください。もちろん実務経験をお持ちの方や税理士の方には、あなたが培ってきた貴重な経験を活かした働き方の実現をお約束します。入力業務などを専門スタッフに任せる分業制を徹底しているため、より専門知識を生かした業務に専念できる環境です。

    【残業は少なく、有休取得率はほぼ100%!】
    当法人では業務効率化を進めた結果、残業は業界の繁忙期とされる年末から年度末にかけても10~20時間に抑えることを実現しました。その秘訣はできる業務を前倒しすることで業務量の波を作らないこと。例えば年末調整なども月次単位で可能な限り処理していくことで短期的な繁忙を回避しています。

    また当法人では2月の第1月曜と3月の第1金曜を休みとし、2月の第3土曜と第4土曜を出勤日と設定。これは2月中に確定申告を集中的に処理して終わらせてしまおうという狙いがあります。繁忙期の前後には3連休ができることになり、仕事のメリハリという意味で大きいですよね。

    また年間を通じて極端に忙しい時期がないため有休も取りやすく、消化率は100%近くを誇っています。資格取得の勉強を頑張るもよし、家族サービスするもよし。ぜひ当法人で公私ともども充実した人生を実現してください!

企業概要

所在地371-0805
群馬県前橋市南町3-35-1
電話番号
027-289-0545
E-mail
企業URL
代表者名
秋葉仁
設立年月日
2018年
従業員数
18名(男性7名/女性11名)
業種
会計事務所・税理士法人
事業内容

税務会計支援
自計化システム導入支援
経営計画の策定支援
資産譲渡・贈与・相続の事前対策
事業承継対策
各種経営相談 など

メッセージ

メッセージ

  • 私たちのサービスが、お客様一人ひとりの快適な未来へつながっていく。この想いを共有してもらいたいですね!

    【秋葉代表からのメッセージ】

    Q/入力業務の専門スタッフを置いた狙いは?
    A/税務会計の専門知識や貴重な経験を持つスタッフには、それを存分に活かしていただくのが本人にも事務所にも最適だと考えたからです。また分業することによって自分の仕事が「手伝わされているもの」ではなく「任されたもの」だと自覚していただき、より責任を持って取り組んでいただければとも思っています。

    Q/お客様に特徴などはありますか?
    A/私は以前に別の税理士事務所で代表を務めていましたが、退職後の2018年に事務所を新たに設立しました。当初は上場企業の顧問などを細々とやっていこうと考えていたところ、前職のお客様の9割、スタッフの8割が当事務所に移りたいとの希望を受けたため、19年に税理士法人化してそれらを引き受けました。その流れで医業がクライアントの約3割を占めています。

    Q/ご覧いただいた方へのメッセージをお願いします
    A/この業界では経験の有無が重要ではありますが、今ならばインボイスや電子帳簿保存法など新たなサービスについては、業界20年のベテランも1年目の新人も等しく経験値はフラットです。この状況をチャンスと捉え、新たなチャレンジに意欲的な方を当法人は応援します。